[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子への「素晴らしいスポーツマンシップ」 首位ブハイの行動を英記者回顧

米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが6日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で第3日が行われた。7位で出た2019年女王の渋野日向子(サントリー)は6バーディー、1ボギーの66で回り、通算9アンダーで首位と5打差の2位に浮上。単独首位のアシュリー・ブハイ(南アフリカ)とは3年前も最終日最終組だった。英記者は渋野が優勝した瞬間の画像付きで「自分が勝利したように喜んだ。素晴らしいスポーツマンシップ」と回顧している。

全英女子オープン、通算9アンダーで首位と5打差の2位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】
全英女子オープン、通算9アンダーで首位と5打差の2位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】

3年前も渋野日向子と争ったブハイ、当時話題になった行動とは

 米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが6日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で第3日が行われた。7位で出た2019年女王の渋野日向子(サントリー)は6バーディー、1ボギーの66で回り、通算9アンダーで首位と5打差の2位に浮上。単独首位のアシュリー・ブハイ(南アフリカ)とは3年前も最終日最終組だった。英記者は渋野が優勝した瞬間の画像付きで「自分が勝利したように喜んだ。素晴らしいスポーツマンシップ」と回顧している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 世界を驚かせた瞬間だった。渋野はウィニングパットを決めた直後、パターを持った左手を高々と掲げた。一方、同組のブハイも笑顔でバンザイのようなポーズ。思い切り打ったロングパットに周囲も熱狂したシーンだ。

 当時はブハイの行動が話題になった。画像をツイッターに公開したのは、英衛星放送「スカイスポーツ」のゴルフ記者を務めるリチャード・カウフマン氏。称賛を込めて文面にこう記した。

「2019年AIG全英女子オープンの写真を見てみよう。シブノがウィニングパットを決めると、アシュリー・ブハイはまるで自分が勝利したように喜んだ。素晴らしいスポーツマンシップであり、今度は彼女が自分の勝利を喜べる時がやってくるかもしれない」

 最終日は渋野とブハイの2サム。今度は誰に勝利の女神が微笑むのか。最終組は日本時間午後11時50分にスタートする。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集