[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスから移籍した元守護神 見違える無失点デビューに米驚き「電撃が走る投球」

米大リーグのエンゼルスからブレーブスにトレードで移籍したライセル・イグレシアス投手が5日(日本時間6日)、敵地メッツ戦で移籍後初登板し、1回1安打2奪三振で無失点と好投した。“361億円打者”から空振り三振を奪った動画をブレーブス公式が公開。見違えるような投球に対し、日米ファンから「電撃が走る投球」「エンゼルスを出る喜び」と驚いた様子の声が上がった。

ライセル・イグレシアス(写真はエンゼルス時代)
ライセル・イグレシアス(写真はエンゼルス時代)

エンゼルスからトレード移籍したイグレシアス、新天地デビューで好投

 米大リーグのエンゼルスからブレーブスにトレードで移籍したライセル・イグレシアス投手が5日(日本時間6日)、敵地メッツ戦で移籍後初登板し、1回1安打2奪三振で無失点と好投した。“361億円打者”から空振り三振を奪った動画をブレーブス公式が公開。見違えるような投球に対し、日米ファンから「電撃が走る投球」「エンゼルスを出る喜び」と驚いた様子の声が上がった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 剛腕炸裂で本領発揮だ。エンゼルスの元守護神イグレシアスが8-5の8回から登板。2死二塁とし、昨季10年3億4100万ドル(約361億円)の大型契約を結んだフランシスコ・リンドーアと対峙した。2球で追い込み、3球目の高め97マイル(約155キロ)の直球で空振り三振を奪った。

 ブレーブス公式ツイッターはリンドーアから空振り三振を奪った動画を公開。米ファンからは「エゲツない」「守護神を任せられるのでは」「マジで最高」「電撃が走る投球」といったコメントが寄せられ、日本人ファンにも「エンゼルスを出る喜び」「イギーがんばってる」「ユニホーム似合ってる」と注目されていた。

 イグレシアスは昨季、レッズからエンゼルスに加入。守護神を務め、34セーブを挙げた。今季も16セーブをマークするなど好投する日はあったものの、6敗で不安定な投球が目立ち、トレード期限の2日(同3日)に移籍。この日は9-6で勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集