[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ最年少Vに迫った18歳櫻井心那 2位奮闘に初々しく仰天「この成績が信じられない」

女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは7日、札幌国際CC島松C(6557ヤード、パー72)で最終日が行われた。1打差の3位で出た櫻井心那(フリー)が6バーディー、1ダブルボギーの68で回り、通算8アンダーの2位。現在の日本女子プロゴルフ協会の会員で唯一の2004年生まれの18歳は、“プロ最年少”での栄冠には惜しくも届かなかった。イ・ミニョン(韓国)がツアー通算6勝目。

北海道meijiカップ、通算8アンダーで2位となった櫻井心那【写真:Getty Images】
北海道meijiカップ、通算8アンダーで2位となった櫻井心那【写真:Getty Images】

北海道meijiカップ

 女子ゴルフの国内ツアー・北海道meijiカップは7日、札幌国際CC島松C(6557ヤード、パー72)で最終日が行われた。1打差の3位で出た櫻井心那(フリー)が6バーディー、1ダブルボギーの68で回り、通算8アンダーの2位。現在の日本女子プロゴルフ協会の会員で唯一の2004年生まれの18歳は、“プロ最年少”での栄冠には惜しくも届かなかった。イ・ミニョン(韓国)がツアー通算6勝目。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 櫻井は2番でダブルボギーを叩いたが、17番まで6バーディーと猛追。最終18番はバーディーならイ・ミニョンに並んでプレーオフだったが、バーディーパットはわずかにカップ左へ。悔しそうに両膝を折った。

「最後のパットは入らなくて悔しい気持ちもあるけど、最終日はピンが振られて難しい中でスコアを伸ばせたこと、2番でダブルボギーの後から巻き返せたのは凄いよかった。やっぱり緊張はしていて練習場でも良い球が出たけど、悪い球も出ていた。2番のダボからホッとして緊張がなくなりました。(優勝は)まだ自分には早かったのかなと思います」

 アマチュアでは、勝みなみが15歳293日で優勝するなど、キム・ヒョージュ、畑岡奈紗、宮里藍が18歳以下でツアーを制したが、櫻井が勝てばプロ最年少だった。今春、長崎日大高を卒業したばかりのルーキー。主戦場としている下部のステップ・アップ・ツアーでは6月のECCレディースで初優勝。同ツアーの賞金ランク1位を走っている。

 レギュラーツアーは今回が2試合目。日本勢では笹生優花(ICTSI)に並ぶ最速Vにも届かなかった。18番の最終パットは途中で仕切り直し。「突風が吹いて体が揺れたので仕切り直しました。リズムだけ意識して打ったけど、思ったより左に出た。切れるラインだとは思っていなかったけど、ちょっと左に出すぎた」と振り返った。

 この日は上田桃子、鈴木愛と最終日最終組。「一緒に回れるのがびっくり。自分でもここまでできると思わなかった。この成績が信じられない」と自分でも仰天。「緊張感が凄くあって、お二方とも賞金女王になられている方。とにかく邪魔をしないように気を使った。セカンドをつける位置も安全にいくし、アプローチでも上りのラインにつける。そこは見習わないといけない。私の目標も賞金女王と日本女子オープンの優勝。少しだけど、勉強できたかなと思います。経験をたくさん積みたい」と初々しく語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集