[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、ビデオ判定にもつれた“5cm差レーザービーム”に米熱狂「超ストロングだ」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「3番・右翼」で先発し、本塁生還を狙った二塁走者をレーザービームで捕殺した。カブス公式が動画を公開すると、米ファンから「スーパーストロングだ」「エクセレント」などの驚きの声が上がっている。

2度の好守でチームの完封勝利に貢献した鈴木誠也【写真:ロイター】
2度の好守でチームの完封勝利に貢献した鈴木誠也【写真:ロイター】

鈴木誠也のレーザービームとは

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「3番・右翼」で先発し、本塁生還を狙った二塁走者をレーザービームで捕殺した。カブス公式が動画を公開すると、米ファンから「スーパーストロングだ」「エクセレント」などの驚きの声が上がっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 強肩が炸裂した。0-0の3回2死一、二塁でブライアン・デラクルスが右前打を放った。二塁走者は本塁生還を狙ったが、右翼の鈴木が前に突進し、勢いをつけながら矢のような送球。ワンバウンドで捕手のミットに収まったが、判定はセーフだった。しかし、ビデオ判定で覆ると、先制点阻止に観客は熱狂。走者の足は、本塁までわずか5センチほどしかなかった。

 カブス公式ツイッターが動画を公開、米ファンからは「彼の肩はスーパーストロングだ」「セイヤは最高」「スズキは2度の好守」「私が必要としていたアドレナリン」「エクセレント」「セイヤ=MVP」と興奮まじりのコメントが集まった。鈴木はこの回、1死一塁でもライナー性の当たりを背走しながらキャッチ。4打数無安打に終わったが、2つの好守でチームを救い、4-0の完封勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集