[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位渋野日向子、大逆転Vを願う米記者が指摘 「首位を追いつめる鍵は友だち作りだ」

米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが6日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で第3日が行われた。7位で出た2019年女王の渋野日向子(サントリー)は6バーディー、1ボギーの66で回り、通算9アンダーで単独首位のアシュリー・ブハイ(南アフリカ)に5打差の2位に浮上。米記者は「シンデレラが新しい友の助けを借りて追い抜く」と期待を込めるようにつづっている。

全英女子オープン、通算9アンダーで首位と5打差の2位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】
全英女子オープン、通算9アンダーで首位と5打差の2位に浮上した渋野日向子【写真:Getty Images】

渋野日向子の逆転Vはあるのか

 米女子ゴルフの海外メジャー今季最終戦・AIG全英女子オープンが6日、英北部ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で第3日が行われた。7位で出た2019年女王の渋野日向子(サントリー)は6バーディー、1ボギーの66で回り、通算9アンダーで単独首位のアシュリー・ブハイ(南アフリカ)に5打差の2位に浮上。米記者は「シンデレラが新しい友の助けを借りて追い抜く」と期待を込めるようにつづっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 渋野は17番でビッグドライブからバーディーを奪うなど、好プレーで猛追。3年ぶり2度目の全英制覇へ、首位と5打差と踏みとどまった。ブハイとは19年大会でも最終日最終組。当時は2打差の首位で出た渋野が、リードを守って米ツアー初優勝を果たした。

 立場が逆になった今大会。米専門局「ゴルフチャンネル」は「ヒナコ・シブノがアシュレイ・ブハイを追う鍵:風と友達になること」の見出しで記事を掲載した。執筆したのは米フロリダ出身のブレントレー・ロマイン記者。5打差の現状をこう伝えた。

「日曜のミュアフィールドでシブノは再び決勝でブハイと同組となった。シブノが2度目のトロフィーを掲げるためには、3年前の最終日の3倍の強さで回らなければならない」

 5打差をひっくり返すには、ブハイの自滅か渋野の爆発的スコアが必要。同記者は「ブハイを追いつめる鍵の中には、新しい友だちをつくるということが含まれるのも驚きではない。ここで言われるのは、南アフリカではなく日曜も風速20マイルが吹くであろうスコットランドの風だ」と記した。渋野が語る風と友だちになりたいという意識をもとにしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集