[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、PFP1位争いの“障害”を米トレーナー指摘「147ポンド以上は選手層も厚い」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で現在2位に位置している。国際的な評価を高めているが、米有名トレーナーはPFP1位争いで井上が3番手と分析。その理由として、階級ごとの選手層の厚さや知名度を指摘している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

カネロ、クロフォードとのPFP争いに注目

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で現在2位に位置している。国際的な評価を高めているが、米国のトレーナーはPFP1位争いで井上が3番手と分析。その理由として、階級ごとの選手層の厚さや知名度を指摘している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 昨秋、WBO同級1位だったジェイソン・マロニーに圧巻のKO勝ちを収めた井上。「ブレッドマン」の異名で知られる米国のトレーナー、スティーブン・エドワーズ氏はボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」で読者との恒例のQ&A企画に登場し、井上とカネロこと、4階級制覇王者のサウル・アルバレス(メキシコ)、WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)の3人をPFPトップに挙げている。

 ファンから3人の格付けを問われた同氏は「カネロはスミス相手に完璧な試合を戦った。あのパフォーマンスには感銘を受けた。現実離れしていた」と、カネロが昨年12月に前WBA世界スーパーミドル級スーパー王者のカラム・スミスとの団体内統一戦で見せた完勝劇を絶賛。評価は比較的に高まったと分析している。

「正直、ABCはつけられない」と格付けの難しさを吐露したエドワーズ氏だが「公平であろうとするなら、イノウエの名前はこのグループにおいて『C』で私の意識下で3番手になる」とモンスターは3番手と評価。その理由をこう語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集