[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

超新星13歳ワリエワが衝撃 シニア真っ青の238.17点で初優勝…ロシアジュニア選手権

フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

ジュニア1年目の逸材が4回転2発、演技後は異例の手拍子が巻き起こる

 フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 シニアも真っ青の高得点だ。青の衣装に身を包んでリンクに登場したワリエワは冒頭で4回転トウループに挑戦。ややバランスを崩したが、転倒することなく着氷させると、今度は4回転―2回転の連続トウループを綺麗に着氷させた。以降も3回転ルッツ―3回転トウループなど、高難度のジャンプを次々と繰り出して着氷。演じ切っても表情を変えることなく、堂々と振る舞った。

 しかし、会場からは異例の手拍子も巻き起こるなど、拍手喝采。キス・アンド・クライで159.67点、合計238.17点のハイスコアが表示されると、少しだけ笑みをのぞかせ、ロシアからまた現れた13歳の超新星は少女らしさを見せた。

 ワリエワは今季ノービスからジュニアに上がったばかりの13歳だが、ロシアメディアではすでに「北京五輪候補」として期待を集めている。アリーナ・ザギトワのほか、昨年大会で表彰台を独占したアレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワらと同じく、エテリ・トゥトベリーゼ氏に師事し、将来を嘱望されている逸材だ。

 昨年のグランプリ(GP)ファイナルではバンケットで羽生結弦(ANA)と撮影した写真をうれしそうにSNSに上げるなど、かわいらしさを残している13歳。しかし、今大会は2位のアカチエワが218.44点、3位のウサチェワが217.30点という異次元のハイレベル決戦で頂点に立った。ロシア国内の競争はいつまでも穏やかになることはなさそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集