[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、帰ってきた“世界最高バラ1”に米記者大絶賛「全ジャンプ加点5与えたい」

フィギュアスケートの4大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が世界歴代最高得点となる111.82点をマークし、首位発進。2年ぶりに披露した名プログラム「バラード第1番」で衝撃の演技を披露したが、米名物記者は「彼の一つ一つのジャンプにはプラス5点を与えたい」と最大級の賛辞を与えている。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

世界最高得点111.82点をマーク「過去のショパンのプログラムを上回った」

 フィギュアスケートの4大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が世界歴代最高得点となる111.82点をマークし、首位発進。2年ぶりに披露した名プログラム「バラード第1番」で衝撃の演技を披露したが、米名物記者は「彼の一つ一つのジャンプにはプラス5点を与えたい」と最大級の賛辞を与えている。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 ケチのつけようがない完璧な演技だった。リンクに響くピアノの旋律、「バラード第1番」のメロディーとともに羽生は滑り出す。冒頭の4回転サルコーを完璧に決めると、4回転―3回転の連続トウループに着氷。ステップ、スピンもオールレベル4を獲得する質の高い演技を披露し、後半の3回転ジャンプも抜群の高さで決めた。

 割れんばかりの大歓声が降り注ぎ、リンクはすぐさまプーさんの海と化した。あまりの量に羽生自ら拾い集め、次のジェイソン・ブラウン(米国)がスムーズにリンクに入れるように配慮も見せた。演技中から演技後まで、どこを取っても完璧な絶対王者が叩き出した得点は「111.82」。圧巻の世界歴代最高得点となった。

 これには米名物記者のジャッキー・ウォン氏も自身のツイッターで最大級の賛辞を並べた。「4回転サルコウ、4回転トーループ、3回転トーループ、トリプルアクセル、この組み合わせが過去の彼のショパンのプログラムを上回ることに。ユヅルはとても明るく優美だった。ジャンプも完璧そのもので、彼の一つ一つのジャンプにはプラス5点与えたくなるほどだ」とまで評した。

 出来栄え点は満点に相当するとの評価を受けた羽生。SPでは「バラード第1番」を復活させたが、9日のフリーでは「SEIMEI」がいよいよ帰ってくる。羽生の代名詞ともいえるプログラムとともに再び、韓国の地で衝撃を走らせてくれるのか。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集