[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退して気付いたテニス選手の真の価値 元プロが提案する新しい「コーチ」の形とは

アスリートとして身につけた価値ある資質を、社会に還元するためのサポートをする団体がある。それが一般社団法人「APOLLO PROJECT」だ。代表理事で元Jリーガーの山内貴雄さん、専務理事で元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんらが、引退後にビジネス分野で培った経験を基に、2020年に設立された。

A-MAPに参加したことで新たな視点を手に入れ、見える世界が広がったと話す藤岡希さん【写真提供:Apollo Project】
A-MAPに参加したことで新たな視点を手に入れ、見える世界が広がったと話す藤岡希さん【写真提供:Apollo Project】

アスリート対象の学び舎「A-MAP」2期生参加のピッチ大会でMVPに輝いた藤岡希さん

 アスリートとして身につけた価値ある資質を、社会に還元するためのサポートをする団体がある。それが一般社団法人「APOLLO PROJECT」だ。代表理事で元Jリーガーの山内貴雄さん、専務理事で元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんらが、引退後にビジネス分野で培った経験を基に、2020年に設立された。

 昨年には、現役・元アスリートを対象とした学び舎「A-MAP(Athlete Mindset Apollo Program)」を開講。現役時代に身につけた判断力、チャレンジ精神、チームワークなどをビジネスシーンで生かす方法を学びながら、社会の課題解決に繋ぐ場を提供している。

 A-MAPは、各界で活躍する人々の講義を受けたり、受講者でディスカッションをしたり、提携するビジネス・ブレークスルー大学の授業を受講したり、スポーツの現場とは違う経験が得られる1年間のプログラム。その中でも目玉となっているのが、「自競技の5年後に向けたグランドデザイン(戦略)を考える」というテーマで実施されるピッチ大会だ。このほど2期生11人によるピッチ大会が開催され、元プロテニス選手の藤岡希さんがMVPに輝いた。

 受講者はまず3月14日に開催されたピッチ大会予選で、10分の持ち時間内で自身のアイディアをプレゼン。A-MAP審査員3人、日本財団HEROs賞審査員3人が採点し、現役レーシングドライバーの武藤英紀さん、現役プロサッカー選手の田上大地さん、元ハンドボール日本代表の塩田沙代さん、そして藤岡さんの4人が本選にコマを進めた。

 4月11日に行われた本選では持ち時間は35分に拡大され、登壇者は各自のラーニングアドバイザーやメンターの助言を受けながらブラッシュアップしたグランドデザインを熱い想いを込めて発表。審査員を務めた宇田左近さん、鎌田恭幸さん、廣瀬さんはそれぞれを高く評価したが、中でも「将来的に一般社会にも活用できるアイディア」と評されたのが、藤岡さんの「ピークパフォーマンスコーチの開拓 ~誰も孤独にしない~」と題したグランドデザインだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集