[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLB最強守護神がまさかの“故意ボーク”を敢行 米ファン感心「理由分かるわ」「賢いね」

米大リーグで最多セーブを4度獲得しているベテランクローザーが驚きの作戦を見せた。17日(日本時間18日)に行われたドジャース対ダイヤモンドバックスのダブルヘッダー初戦。9回に登板したクレイグ・キンブレル投手が走者二塁でセット中に故意的に球を落とし、ボークを献上し、走者を三塁に進めた。

9回に登板したドジャースのクレイグ・キンブレル【写真:ロイター】
9回に登板したドジャースのクレイグ・キンブレル【写真:ロイター】

通算379セーブのキンブレルが“故意的ボーク”で二塁走者を三塁に進める

 米大リーグで最多セーブを4度獲得しているベテランクローザーが驚きの作戦を見せた。17日(日本時間18日)に行われたドジャース対ダイヤモンドバックスのダブルヘッダー初戦。9回に登板したクレイグ・キンブレル投手が走者二塁でセット中に故意的に球を落とし、ボークを献上し、走者を三塁に進めた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 通算379セーブを誇る33歳がまさかの作戦に出た。2点リードで最終回に登板したキンブレル。2死二塁までこぎつけ、2番のケテル・マルテを迎えた。カウント1-0からセットポジションに入った守護神。しかし、グラブに入っていた球をマウンドに落としたのである。球審はボークを宣告。二塁走者のヘラルド・ペルドモは三塁に進んだ。

 明らかに故意にボークをもらいにいった光景。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門メディア「フォー・ザ・ウィン」も注目した。同メディアは「それには理由があった。キンブレルはペルドモを三塁に進ませ、打者のマルテにサインを伝達させないようにしたのだろう」と推測した。

 実際の映像を米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターも公開すると、米ファンからは「理由分かるわ」「賢いね」「走者はサインを見られなくなるね」「サイン盗みを防ぐためかな」などのコメントが集まった。

 走者を三塁に進めたキンブレルはマルテに遊撃内野安打を許して1点を失ったものの、次の打者を空振り三振に抑え、7-6で勝利。今季7セーブ目を挙げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集