[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、山縣はケンブリッジ、桐生に勝てたのか 「+6センチ」の数字が示す強さ

決勝でストライドを6cm伸ばした山縣の“イメージの体現力”の凄さ

 ただ、山縣自身も3レースで万全だったわけではない。課題を残したのは、準決勝だ。ストライドが2m02と3レースで最も短く、回転数は4.86と最も多かった。秋本氏とともに「0.01」を主催するアテネ五輪1600メートルリレー代表の伊藤友広氏は、こう分析する。

【特集】なぜ苦手に挑戦するのか 十種競技の日本記録保持者が語る人生との共通点 / 十種競技・右代啓祐インタビュー(GROWINGへ)

「準決勝では中盤から硬さが出ていました。本来より無理やり足を回転させていた印象です。硬さ+回転の速さ。こうなると、足だけが回って進んでいきません。決勝では、ケンブリッジ選手もうまく修正をしていましたが、特に山縣選手はいい時の走りに修正できていました。レース間の修正能力は素晴らしいものがあると思います」

 実際、山縣は準決勝と比較し、決勝のストライドは+6cm(ケンブリッジは±0cm、桐生は-3cm)。しかし、レース間の修正は簡単なことではない。トップ選手であればあるほど、些細なズレが結果に影響を及ぼす可能性がある。山縣はなぜ、いい修正が可能だったのか。伊藤氏は“イメージの体現力”にあるとみている。

「選手なら誰もが日頃から課題を考えて取り組んでいますが、山縣選手の場合は走りそのものの構造をよく理解した上で深く考え、それを実際に修正にできる力を持っている印象です。頭で分かっていても、体がイメージ通りに動かないことも当然あります。レースにおける課題をすぐに見抜けることはもちろんですが、その通りに体を操作できることも素晴らしいと思います」

 少しでも課題を掴もうとする山縣の貪欲さ。伊藤氏、秋本氏ともに口を揃えて舌を巻いたシーンがある。それは、決勝レース前のウォーミングアップで自分のフォームの動画を観ていたこと。秋本氏はこう唸った。

「普通はレース前は集中しようとするもの。当然、映像を観ることで考えすぎてしまうこともある。しかし、山縣選手は本番でも課題の把握に努めていました。その感度の高さは凄いと思います。特に彼は専任のコーチがいません。周りに映像を撮ってもらい、それを実際に観て自分を高めようとしている。それも実際に決勝でやってしまうのは素晴らしいと感じます」
  
 また、伊藤氏はスプリンターとして、環境に左右されることがない実践向きの資質を感じ取っているという。

1 2 3

伊藤 友広

国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)。

高校時代に国体少年男子A400mにて優勝。アジアジュニア選手権の日本代表に選出され、400m5位、4×400mリレーではアンカーを務め優勝。国体成年男子400mで優勝。アテネ五輪では4×400mに出場。第3走者として日本過去最高順位の4位入賞に貢献。元200メートル障害アジア最高記録保持者の秋本真吾氏とともにスプリント指導のプロ組織「0.01」を主宰し、全国の子供たちを対象としたかけっこ教室などを手掛けている。
http://001sprint.com/

秋本 真吾

 2012年まで400mハードルのプロ陸上選手として活躍。オリンピック強化指定選手にも選出。

 2013年からスプリントコーチとしてプロ野球球団、Jリーグクラブ所属選手、アメリカンフットボール、ラグビーなど多くのスポーツ選手に走り方の指導を展開。

 地元、福島県「大熊町」のために被災地支援団体「ARIGATO OKUMA」を立ち上げ、大熊町の子供たちへのスポーツ支援、キャリア支援を行う。
2015年にNIKE RUNNING EXPERT / NIKE RUNNING COACHに就任。
http://001sprint.com/

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集