[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

厳しい女子ゴルフ界戦国時代 メジャー初V・三ヶ島かなも闘った「職場を失う怖さ」

女子ゴルファーの三ヶ島かな(ランテック)は、昨季の国内ツアー最終戦で初優勝を飾った。2016年のプロ1年目からコンスタントに成績は残しているが、一時は「職場を失う」と不安になっていた。三ヶ島へのインタビュー「後編」では、危機感を抱いた理由、今季開幕戦ダイキンオーキッドレディス(3月3~6日、沖縄・琉球GC)を前にした思い、長く活躍するために大事にしていることを聞いた。(取材・文=柳田 通斉)

昨季ツアー初優勝を飾った三ヶ島かな【写真:荒川祐史】
昨季ツアー初優勝を飾った三ヶ島かな【写真:荒川祐史】

インタビュー後編 昨年国内ツアーVも「まだ1勝」

 女子ゴルファーの三ヶ島かな(ランテック)は、昨季の国内ツアー最終戦で初優勝を飾った。2016年のプロ1年目からコンスタントに成績は残しているが、一時は「職場を失う」と不安になっていた。三ヶ島へのインタビュー「後編」では、危機感を抱いた理由、今季開幕戦ダイキンオーキッドレディス(3月3~6日、沖縄・琉球GC)を前にした思い、長く活躍するために大事にしていることを聞いた。(取材・文=柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 三ヶ島は、昨季最終戦のメジャー大会・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでツアー初優勝を飾った。重圧のかかる最終ラウンドも安定したショット、勝負強いパットで2位小祝さくらに4打差をつけた。だが、本人の思いは「まだ1勝」だ。

「もっと何度も勝っていきたいです。今季の目標は複数回優勝。例年、スロースターターではありますが、早い段階からチャンスをつかみたいです」

 一方で、メジャー大会制覇に伴う3年シード獲得は大きいと考えている。プロになって2度経験した「試合に出られなくなるかも」という怖さを3年間は感じなくていいからだ。

 三ヶ島は高校卒業後、プロテストを受験した。小、中、高とレベルの高い九州大会を勝ち抜き、全国大会でも好成績を残したことで、「テストは一発合格で、ステップ・アップ・ツアーに出てQT(ツアー予選会)の受験料を稼ぐ。そして、最終QTを上位で通過し、翌年からツアー出場」と考えていた。だが、最終プロテストは29位で不合格。いきなり、プランが崩れた。

「目の前が真っ暗になりました。ステップ・アップ・ツアーには出られないし、QTに出るためだけでなく、生きるためのお金も試合以外で稼ぐことになりました。なので、地元(福岡県内の)ゴルフ場でキャディーやポーターをして、終わった後にラウンドや練習をさせてもらう日々になりました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集