[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

厳しさを増す女子ゴルフ戦国時代 メジャー制覇の三ヶ島かなも闘った「職場を失う怖さ」

ジュニアゴルファー時代の三ヶ島かな【写真:本人提供】
ジュニアゴルファー時代の三ヶ島かな【写真:本人提供】

極限状態で掴んだプロテスト合格「ご飯が喉を通らず…」

 それでも、当時はプロテスト不合格者でも受験できたQTを最終5位で突破。2016年シーズンはツアー開幕戦から出場できたが、このテスト不合格で2年後のシーズン中に苦しむことになった。18年、JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)が「原則として、19年からはQT受験資格をプロテスト合格者らに付与される『JLPGA正会員』に限る」と規定を改正したからだ。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ツアーに出ている三ヶ島らの場合、前年に続いて賞金ランク50位以内に入ってシード権を獲得するか、ツアー優勝すれば「正会員」にはなれる改正もあったが、18年前半の三ヶ島は成績が振るわなかった。

「開幕から調子が上がらないままに、最終プロテストを迎えることになりました。それに2日前までツアーの試合に出ていて、翌日の月曜日に全く知らないコースを初めて練習でラウンドしました。真夏で熱中症気味の中、幡野夏生ちゃん、篠崎愛ちゃんと3人で回って、どっちに打てばいいかを教えてもらいました」

 三ヶ島は18ホールを回って、さらに不安になっていた。コース設定が想像以上に優しかったからだ。

「スコアが出る設定になっていて、『こんなに緩いとまずい』と思いました。実際にテストが始まっても毎日、前半のハーフを29や28で回る選手が出ていました。なので、最低でもアンダーを出しておかないといけない状況。それに私はシード選手で、テスト前から『もう1枠は埋まっているね』と変なプレッシャーをかけられていましたので」

 第3Rを終えて、三ヶ島は通算8アンダーで13位タイ。プラス2打で合格圏を外れる状況で最終Rを迎えた。調子は良くなかったが、66をマークして通算14アンダーの7位でフィニッシュ。念願の合格を勝ち取った。

「本当に苦しかったです。ご飯が喉を通らずにオロナミンCを飲んでしのぎました。シード選手なのに、テストを受けないといけない辛さと『情けない』という思いもありました。ようやく合格して、涙が止まりませんでした。今は1度落ちて良かったと思えますが、当時はとても辛かったです。一緒に練習ラウンドをしてくれた2人は恩人です」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集