[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

厳しさを増す女子ゴルフ戦国時代 メジャー制覇の三ヶ島かなも闘った「職場を失う怖さ」

3月3日に開幕するダイキンオーキッドレディスに臨む【写真:荒川祐史】
3月3日に開幕するダイキンオーキッドレディスに臨む【写真:荒川祐史】

実力者揃いの女子ゴルフ界、大切なのは「楽しいと思い続けること」

 同年の合格者には、前年のプロテストに落ちた「黄金世代」の渋野日向子、原英莉花、初受験の稲見萌寧も名を連ねた。3人は19年シーズンから勝利を重ね、昨季終了時までに渋野が6勝と全英女子オープン優勝、原が4勝、稲見が10勝を飾っている。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 翌19年テストに合格したプラチナ世代の古江彩佳は6勝、西村優菜は4勝、吉田優利は2勝、その1学年下の笹生優花は2勝と全米女子オープン優勝だ。一方の三ヶ島は18年以降もシード権を守っていたが、優勝には届かず。昨年の初優勝会見の際は、「若い子がうまいし、無理なのかなと思うこともありました」と打ち明けた。

 だが、その壁は突破できた。20年から契約した青木翔コーチの勧めで、持ち球をドローからフェードにチェンジ。ショットの安定感がさらに高まった。

「青木さんとは『まずは、予選落ちを減らそう』ということになりました。30位以内で通過したらトップ10に入れる可能性も高くなる。実際に全体的な底上げはできましたし、やっていることは間違いないという手応えはありました」

 しかし、青木コーチとの契約は昨季限りで終了。今季はコーチを付けずにプレーすることになった。

「青木さんは、『ゼロをイチにできたら卒業』という感じの人で、私の場合は勝つことでした。正直、2年見てもらったので、離れて不安はあります。ただ、同じ福岡県出身で話しやすいですし、『いつでも連絡してきて』と言われています。なので、困った時は頼ろうと思います」

 ただ、強力な年下選手、同世代、年上選手としのぎを削るシーズンを戦い抜くには、タフな心身が求められる。優勝経験者でも、出場機会を失いかねない戦国時代。25歳の三ヶ島は言った。

「やっぱり、長くやっていくには気持ちが大事だと思います。ゴルフを『楽しい』と思い続け、向上心を持ち続けることです。そういう気持ちがないと体力もつかないわけで、私の場合は『1勝したからもっと勝ちたい』という思いで、このオフも練習とトレーニングを重ねてきました」

 2月に入り、初優勝の地でもある宮崎で合宿をし、状態とモチベーションを高めてきた。あとはプレーするのみ。まずは、年をまたいでの2連勝を目指し、ダイキンオーキッドレディスを勝ちにいく。

■三ヶ島かな(みかしま・かな)

 1996年7月13日、福岡県須恵町生まれ。沖学園高卒。10歳でゴルフを始め、約1年後には全国小学生ゴルフ大会女子の部24位。中学、高校も全国レベルで活躍し、国内女子ツアーの最終予選(QT)を5位で突破して16年からレギュラーツアーに参戦。17年には賞金ランク41位でシード選手となり、18年7月にプロテスト合格。得意クラブは7番アイアン。20-21年統合の昨季は、獲得賞金8906万6929円で賞金ランク18位。血液型AB。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集