[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

後輩・渋野日向子から届いた1通のLINE 23歳成澤祐美、6度目でプロテスト合格を掴むまで

「当時から渋野はすごかった」と成澤は振り返る【写真:本人提供】
「当時から渋野はすごかった」と成澤は振り返る【写真:本人提供】

午後4時20分、渋野から届いていた1本のLINEメッセージ

 その後、成澤はメディア対応などを終え、ひと段落した午後4時20分、1本のLINEメッセージを目にした。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

「ゆみさん ほんとにほんとにおめでとうございます」

 ひらがなだけの22文字。渋野からだった。

「ビックリしました。それも、結果が(JLPGA公式サイトに)発表されてすぐでしたから。渋野、自分の試合だってあったのに……」

 うれしくなった成澤は「この前、一緒に練ランして刺激をくれたおかげだよ」と返し、渋野からは「そう言っていただけるとうれしいです」。TOTOジャパンクラシック第2ラウンド(R)を終えたばかりの後輩からの気遣いが、テスト合格の喜びをさらに大きくした。

 作陽高時代、成澤はチームのエースだった。2015年全国高校ゴルフ選手権女子団体戦で、成澤は第1R67、第2R67。渋野は67、73で回り、ともに優勝に貢献した。36ホールの個人戦では、成澤が通算6アンダーで2位、渋野は通算イーブンパーで22位。成澤は「当時から渋野はすごかった」と振り返るが、自身の方が上にいたことは明らかだった。

 それでも、卒業後は「いばらの道」が待っていた。最初に受けた16年度プロテストは最終26位。合格圏に2打届かなかった。17年度は2次予選で不通過、渋野は最終の第3Rカットで不合格。18年度は成澤が最終59位で合格圏に8打届かず、渋野は14位タイで合格した。

「めっちゃ、悔しかったです。後輩に負けた悔しさが大きかったのと、うらやましさで『いいな~』と思いました」

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集