[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

後輩・渋野日向子から届いた1通のLINE 23歳成澤祐美、6度目でプロテスト合格を掴むまで

2021年度日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の最終プロテストは2~5日に京都・城陽CCで行われ、20位タイまでの21人が合格した。JLPGA正会員でなければ、ツアー予選会(QT)も受験できない規定の下、総受験者614人で合格率は3.4%。その超難関を突破した中には、岡山・作陽高で渋野日向子の1学年先輩で6度目受験の成澤祐美もいた。「目標は渋野」と話す23歳が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、合格に至るまでの道のりと心の揺れ、今後を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

岡山・作陽高でともにプレーした成澤祐美(左から2番目)と渋野日向子(左端)【写真:本人提供】
岡山・作陽高でともにプレーした成澤祐美(左から2番目)と渋野日向子(左端)【写真:本人提供】

「目標は渋野」という23歳、涙の合格までの道のりと心の揺れ

 2021年度日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の最終プロテストは2~5日に京都・城陽CCで行われ、20位タイまでの21人が合格した。JLPGA正会員でなければ、ツアー予選会(QT)も受験できない規定の下、総受験者614人で合格率は3.4%。その超難関を突破した中には、岡山・作陽高で渋野日向子の1学年先輩で6度目受験の成澤祐美もいた。「目標は渋野」と話す23歳が「THE ANSWER」のインタビューに応じ、合格に至るまでの道のりと心の揺れ、今後を語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 最終18番パー4。成澤は「心臓がドクドクしていた」という。第1打を右のラフに入れ、残り120ヤードの第2打はグリーン奥のカラーに。アプローチは寄らず、残り5メートルのパットも入らず、ボギーにした。当日73、通算4オーバーで4日間のラウンドを終えた。

「最後にやってしまいました。これでもう、落ちたと思いました。ただ、残り3組になった時点でJLPGAの方が『今、成澤さんは単独9位だから、残り12人が1人でも4オーバーまで落ちてきたら合格だから』と言われました」

 心を落ち着かせるため、トイレに入った。出てきたところで、「合格です」と伝えられた。すぐに駐車場で待つ母親のもとに向かい、「受かったよ」と言いながら抱きついた。

「泣きました。やっぱり、ここまで長かったですし、いろんなことがありましたから……。でも、母は意外と泣いていなくて、『やっとだね~。でも、ここからだよ』と言ってくれました。きっと、1人になって泣いていたと思いますけど」

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集