[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「引退する日まで精神安定剤を飲んでいた」 鈴木明子が自ら明かすメンタルヘルス問題

どこかに不安を抱えながら競技を続けてきたと打ち明ける鈴木さん【写真:松橋晶子】
どこかに不安を抱えながら競技を続けてきたと打ち明ける鈴木さん【写真:松橋晶子】

2014年ソチ五輪シーズン「引退するその日まで精神安定剤を服用していました」

 いつも周りの選手たちがすごく強く、自信を持っているように見えていましたし、彼らと自分を比べては「なんで私はこんなに弱いんだろう」と感じていました。弱さは自分の「短所」。どこかに不安を抱えながら競技を続けていました。

 その不安が爆発したのが、競技生活最後のシーズンです。2014年ソチ冬季五輪の出場をかけたシーズンでもありましたが、私は引退するその日まで、精神安定剤を服用しながら、スケートを滑っていました。

「五輪に行けても、行けなくても、このシーズンをもって自分は引退する」。そう決めたのは、ソチ冬季五輪のちょうど1年前です。

 私にとってソチ大会は前回のバンクーバー大会に続く、2度目の五輪挑戦でした。報道や周囲の様子から「五輪出場」の期待の大きさが伝わり、バンクーバー前よりもはるかに大きなプレッシャーを感じていました。

 しかも、競技生活、最後のシーズンです。代表選考で落ちた時点で、選手人生も終わり。後悔をしたくない、過去最高の状態に持っていきたいという強い想いも重なり、自分を追い詰めてしまいました。

 結果、思うように調子が上がらず、五輪代表選考に関わるグランプリ(GP)シリーズで、満足のいく結果を残せません。そして、毎年出場していたGPファイナルへの出場権を逃してしまいます。

 この結果にますます焦りと不安が強くなり、競技生活で初めて「眠れない」という状態を経験します。常に気が張っているため、横になっても「ぐっすり眠れた」という実感がなく、一方で電車のなかでストンと寝入ることもできませんでした。

 また、眠りが浅いため、当然、心身ともに疲労から回復しません。すると練習内容も悪くなり、コーチからは厳しい言葉をかけられ、ますます追い詰められていく。そんな悪循環のなか、眩暈を感じながら滑っていました。

1 2 3

鈴木 明子

THE ANSWERスペシャリスト プロフィギュアスケーター

1985年3月28日生まれ。愛知県出身。6歳からスケートを始め、00年に15歳で初出場した全日本選手権で4位に入り、脚光を浴びる。東北福祉大入学後に摂食障害を患い、03-04年シーズンは休養。翌シーズンに復帰後は09年全日本選手権2位となり、24歳で初の表彰台。10年バンクーバー五輪8位入賞。以降、12年世界選手権3位、13年全日本選手権優勝などの実績を残し、14年ソチ五輪で2大会連続8位入賞。同年の世界選手権を最後に29歳で現役引退した。現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する傍ら、全国で講演活動も行う。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集