[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • 日本人が足で世界を制する日 Jリーガーら270人超選手を指導、「走りのプロ」が描く夢

日本人が足で世界を制する日 Jリーガーら270人超選手を指導、「走りのプロ」が描く夢

「走りのプロ」が現役トップアスリートを指導し、スプリントから日本スポーツ界を変える――。元短距離ランナーの斬新な挑戦が、脚光を浴びている。200メートルハードル日本最高記録保持者の秋本真吾氏(35)はアテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏(34)と共同代表を務め、スプリント指導のプロ組織「0.01」を発足した。

現役プロ野球選手も1時間で50m走が0.4秒短縮―元短距離ランナー・秋本真吾氏の挑戦

「走りのプロ」が現役トップアスリートを指導し、スプリントから日本スポーツ界を変える――。元短距離ランナーの斬新な挑戦が、脚光を浴びている。200メートルハードル日本最高記録保持者の秋本真吾氏(35)はアテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏(34)と共同代表を務め、スプリント指導のプロ組織「0.01」を発足した。

 指導対象の柱は3つ。未来のトップアスリートを目指す「小学生世代」、運動不足など健康状態を懸念する「オトナ世代」、そして、Jリーグ、プロ野球などの第一線で活躍している「現役アスリート」が、秋本氏が挑戦している取り組みだ。

 陸上のトップ選手が、他競技のトップ選手に「走り」を教える。かつてない試みの出発点となったのは、現役時代の経験だ。プロ野球のオリックス・バファローズから依頼があり、指導に赴いた。これが、衝撃的だった。

「野球選手は、飲み込みが非常に早いと思ったんです。これだけのトレーニングで、こんなに速くなっちゃうの? という印象。僕ら陸上選手は100分の1秒を縮めるのに何年間も必死でやってきましたし、その大変さも知っています。なのに5、6人の選手を1時間、指導して50メートル走を測定したら、みんな0.4秒くらい速くなった。子供ならわかるんですが、プロのアスリートが、です」

 あまりの変化に球団の首脳陣も驚いたという。「走り」は、走塁、守備において欠かせない能力。しかし、スポーツ界でも屈指の身体能力を誇るプロ野球選手でも、その基本ができない選手が意外にも多かった。大きな発見となった。

「当時はまだ現役で、初めての経験。自分の足を速くしたトレーニングをやってもらった。指導というより、一緒にトレーニングする感じ。実際に客観的に見てもフォームも変化したし、数字でも速くなったので、面白さを覚えました。僕は五輪も出てないし、目立った競技成績もない。日本代表の選手が高校、大学で先生となって陸上部の監督をやっている中、すでに成り立っている層に行くより、あまり開拓されてなくて『足』を必要とするプロアスリートの指導にチャレンジしてみようと思いました」

 引退後の道は定まり、以来、サッカー界からも依頼が舞い込んだ。現在、「プロスプリントコーチ」の肩書で他競技に渡ってアスリートに走りを教え、数々の実績を残している。

 その一つが、昨秋から臨時ランニングコーチに就任した阪神タイガースだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー