[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子マラソンで感動の一幕 ソマリア難民だった2人、メダル直前の鼓舞シーンがSNS話題【東京五輪名珍場面】

いよいよ明日24日から東京パラリンピックが開幕する。東京五輪で日本は史上最多となる計58個のメダルを獲得。パラリンピックへ“熱”を繋ぐべく、競技場内外で生まれた五輪17日間の名珍場面を回顧する。今回は男子マラソンでの感動的なシーンだ。銀メダルを獲得した選手が、ゴール直前で後ろに続いていた3位の選手を鼓舞。ともにメダルを決めて抱擁を交わした様子に、SNS上では「いいシーンでしたね」などと反響が寄せられていた。

銀メダルに輝いたアブディ・ナゲーエ【写真:Getty Images】
銀メダルに輝いたアブディ・ナゲーエ【写真:Getty Images】

24日開幕のパラリンピックへ、東京五輪をプレーバック

 いよいよ明日24日から東京パラリンピックが開幕する。東京五輪で日本は史上最多となる計58個のメダルを獲得。パラリンピックへ“熱”を繋ぐべく、競技場内外で生まれた五輪17日間の名珍場面を回顧する。今回は男子マラソンでの感動的なシーンだ。銀メダルを獲得した選手が、ゴール直前で後ろに続いていた3位の選手を鼓舞。ともにメダルを決めて抱擁を交わした様子に、SNS上では「いいシーンでしたね」などと反響が寄せられていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 最終日の8日、札幌で行われた男子マラソン。現役最終レースと位置づけた大迫傑(ナイキ)の走りに注目が集まったが、メダルをかけた2人のゴールシーンも話題を呼んでいた。スパートをかけた2位アブディ・ナゲーエ(オランダ)が、ゴール直前に後ろを振り返り、ケニア選手と3番手を争っていたバシル・アブディ(ベルギー)に発破をかけた。

 銀メダルを獲得したナゲーエの“早く来い!”というような素振りに応えるように、アブディは最後の力を振り絞って銅メダルを獲得。ゴール後は熱い抱擁を交わした。2人はともにソマリア出身。内戦下の祖国を離れた難民として、別々の国で代表となり、五輪の表彰台を掴んだ。

 実際の映像を見たツイッター上のファンも、続々と反応。「国は別々なのにいいシーンでしたね」「ゴール後に改めてオランダとベルギーの選手がハグしていてなんかいいなと…」「2位に入ったオランダ選手がゴール目前に、『ほらっ! お前(ベルギー選手)も上がってこい!』って先導したのがスゴイ良かったです」「2位のオランダの選手が、4位のベルギーの選手に声をかけて、3位になるとこが、めっちゃ感動した!」「特別な想いが伝わってきた。笑顔素敵だ」などと投稿されていた。

 こうした感動的なシーンも多数見られた東京五輪。パラリンピックでも選手たちの躍動に期待したい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集