[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京2020の記事一覧

  • シンプルだから難しい話題のパラ競技・ボッチャ ボール選びに込められた個性と意志

    2021.05.19

    「ボッチャ」というスポーツをご存じだろうか。各地で体験会が開催されるため、その名前を耳にしたことがある人は多いかもしれない。

  • 閉塞感ある今をどう生きるのか ゴールボール女子日本代表3選手に見るヒント

    2021.04.21

    ゴールボール日本代表の3人、小宮正江、浦田理恵、欠端瑛子の3選手は、底抜けに明るい。3人揃った鈴の音のような笑い声とともに咲く満開の笑顔は、周りの空気を1トーン明るく照らす。3人の息がピッタリだったのは、ジャパンパラ競技大会で1年ぶりの実戦を終えた影響だったのかもしれないが、ゴールボールという競技が持つ特性もまた、その理由の一つだったに違いない。

  • 東京五輪まで3か月 ラグビー7人制男子代表、メダル獲得へ乗り越えるべき2つの課題

    2021.04.13

    東京を舞台とするオリンピックに挑む7人制男子日本代表が、メダル獲りへの新たな局面に入った。男子の場合、昨年2月のシドニー大会以降、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で1年以上中断されていた国際大会が、今月2日開幕のローカル大会「エミレーツ・インビテーショナルセブンズ」(UAE・ドバイ)で再開されて、日本代表も入念な感染対策の下で参加を果たした。本番のキックオフまで3か月と迫る中で再び始まった国際舞台での実戦は、日本代表の強化には欠かせない追い風となる一方で、メダル獲得のために乗り越えなくてはならない課題も浮かび上がらせた。(文=吉田宏)

  • 総合馬術・戸本一真が忘れない感謝の気持ち 五輪出場は「唯一できる恩返し」

    2021.04.09

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、開催が1年延期された東京オリンピック・パラリンピック。開催延期の影響を受けた人は数知れないが、総合馬術でオリンピック初出場を目指す戸本一真(日本中央競馬会)もその一人だった。

  • 東京五輪候補スケートボーダー2人が設計 「THE PARK SAMUKAWA」がヤバイ理由

    2020.11.17

    2021年の東京五輪開催を前に、神奈川・寒川町にストリートスポーツの新たな拠点が誕生した。その名も「THE PARK SAMUKAWA」。外見は武骨な工業用倉庫だが、「THE PARK」のネオンサインに導かれるように中に足を踏み入れると、そこにはグレーとブラックを基調としたデザイン性の高いスケートボードとBMXフラットランドの複合パークが登場する。

  • 差別に泣いた少年時代 東京目指す、最強パラスイマーが「障がいは個性」と思えるまで

    2020.10.28

    新型コロナウイルスの影響で1年延期された東京パラリンピックの開催まで、28日で残り300日となった。出場が期待されるダニエル・ディアス(ブラジル)は、過去3大会連続出場し、計24個という膨大な数のメダルを獲得したパラ水泳界の英雄だ。この度「THE ANSWER」のインタビューに応じた32歳は、先天性の四肢奇形という「個性」と常に向き合い、少年時代には差別に耐えて人生を歩んできた。辛い過去を支えたもの、そして東京への思いに迫る。

  • 多様性の実現を目指す社会に響く 車いすバスケを通じて香西宏昭が伝えたいこと

    2020.09.30

    2021年の東京で、4度目のパラリンピック出場を目指す人がいる。車いすバスケットボールの香西宏昭だ。12歳で車いすバスケットボールに出会ってから21年。競技を極めるためにイリノイ大学に留学し、卒業後はドイツへ渡って、日本人の車いすバスケットボール選手では初のプロとして活躍した。これまで、北京、ロンドン、リオデジャネイロと、3大会連続でパラリンピック出場を果たしている。

  • 「逃げるな」 ブラインドマラソン道下美里を競技者へと変えた伴走者の言葉

    2020.09.17

    2021年に開催延期となった東京パラリンピック。1年後への大舞台で金メダル候補の1人と目されているのが、ブラインドマラソンの道下美里選手だ。今年の別府大分毎日マラソンで自身の持つ世界記録を約2分更新する2時間54分22秒で優勝。新型コロナウイルス感染拡大の影響で練習ができない日もあったが、現在は目指すパラリンピックでの金メダルに向けて、順調にトレーニングを続けている。

  • 障がい者と本気で戦い、変わった人生観 元JリーグGKブラインドサッカー挑戦の告白

    2020.08.19

    サッカーのJリーグ横浜F・マリノスで03~04年のリーグ連覇に貢献し、現在はFC東京普及部でサッカースクールのコーチを務める榎本達也さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、現役引退後の17年から挑戦した視覚障がい者の「ブラインドサッカー」について語った。驚きを呼んだチャレンジの理由と、健常者が一緒にプレーする競技だから芽生えた障がい者に対する意識とは。

  • 今、走るのが好きなのは「燃え尽きていないから」 マラソン・鈴木亜由子の“開花理由”

    2020.07.16

    「やっぱり走るのが好きなのかな。気持ちいいんですかね」

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集