[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボランティアへ、米パラ選手が友好の自撮りショットで別れ「良い時も苦しい時も…」

東京パラリンピックを終えた陸上の米国選手が、大会を陰で支えた日本のボランティアに感謝のツイートをした。舞台裏で撮られた友好関係が伝わる自撮り写真を公開し、「良い時も苦しい時もアスリートを支えてくれた」などとつづっている。

パラ陸上・米国代表のタチアナ・マクファデン【写真:AP】
パラ陸上・米国代表のタチアナ・マクファデン【写真:AP】

ボランティアとの自撮り写真を公開「選手村を安全で綺麗に保ってくれた」

 東京パラリンピックを終えた陸上の米国選手が、大会を陰で支えた日本のボランティアに感謝のツイートをした。舞台裏で撮られた友好関係が伝わる自撮り写真を公開し、「良い時も苦しい時もアスリートを支えてくれた」などとつづっている。

 ボランティアに脚光を浴びせた。写真を投稿したのは陸上のタチアナ・マクファデン(米国)。ボランティアがカメラに向かって手を振る1枚のほか、3枚の自撮りショットも。みんなマスクをしているが、笑みを浮かべているのがわかる。文面にはこうつづっている。

「良い時も苦しい時もアスリートを支え、選手村を安全で綺麗に保ってくれた東京2020パラリンピックのボランティアの皆さん、ありがとう。NBCスポーツと米国選手団、そして大会をサポートしてくれたすべてのメディアに感謝します」

 32歳のマクファデンは5大会連続出場。今大会では、混合4×100メートルユニバーサルリレーで金、女子800メートル(T54)で銀、女子5000メートル(T54)で銅を獲得した。3つのメダルだけではなく、ボランティアの支えも心に残ったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集