[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】無収入の選手、試合勘との戦い 藤井かすみが明かす「女子ゴルフ界の本当の苦しさ」

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

女子プロゴルファーの在り方を語った藤井かすみさん【写真:Getty Images】
女子プロゴルファーの在り方を語った藤井かすみさん【写真:Getty Images】

連載「Voice――今、伝えたいこと」第17回、ツアー通算10勝女子プロゴルファーのメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第17回は、女子ゴルフの藤井かすみが登場する。レギュラーツアーは開幕戦から7月2週目のニッポンハムレディスクラシックまでの1試合を除き、計18試合が中止となった。ツアー通算10勝を挙げた藤井は、現在解説やアカデミーの指導などを中心に活動。コロナ禍で資金面に苦労する選手たちの現状の一端を明かすとともに、「当たり前」にあった日常を失ったことで気づくべき、女子プロゴルファーの在り方について語った。

 ◇ ◇ ◇

 1年前の5月25日。ツアーを席巻する黄金世代が火花を散らしていた。中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの2日目。新垣比菜、松田鈴英、吉本ひかる、河本結らとの優勝争い。単独首位に立った勝みなみが最終日も2打差で逃げ切った。

 本来なら今年も初夏の日差しの中、華やかなウェアで着飾った女子プロたちが芝生の上で輝いている季節だろう。女子ゴルフを見られない。静寂から一気に沸き立つ大歓声が恋しい。週末を手持ち無沙汰に過ごすファンも多いはず。「当たり前」にあった日常を失い、大切さに気づかされる日々だ。

 藤井は「3月以降、何もないですね。何もないですから暇です」と苦笑いする。自身も52歳で全米女子シニアオープンの予選に挑むため、5月末に渡米予定だった。しかし、新型コロナの影響で大会中止に。ツアーの解説やリポーターの仕事も当然なくなった。

 仕事は専属コーチを務めるマスターズゴルフアカデミーでジュニア選手を指導するくらい。密閉空間ではないゴルフの屋外練習場で、マスクや除菌アイテムを駆使し、念入りに感染対策を講じながら取り組んでいる。

 毎年3月、穏やかな風の流れる沖縄の青空の下、女子ゴルフは幕を開けていた。賞金女王を目指す人、シード権死守を狙う人、初優勝の味を知ろうとする人。それぞれの志を胸に戦う姿が当たり前のようにあった。だが、プロ選手を取り巻く状況は一変した。国内トップのレギュラーツアーを主戦場にできる選手は、ほんの一握り。相次ぐ大会中止は、下部ツアーに相当するステップアップツアーに出られるかどうかギリギリの選手たちの生活を左右するという。

「厳しい状況の選手もいると思います。ステップアップツアーに出られる子たちなら、わりとスポンサードしてもらっていたり、所属企業があったりするので、そこで働くことができます。でも、そうでない子たちは本当に無収入ですから」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集