[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「8強入りは十分可能」― 前回W杯の“影のリーダー”廣瀬俊朗が語る4年前との違い

ラグビーワールドカップ日本大会は、100日後の9月20日にキックオフを迎える。大会ベスト8入りに挑むジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表は、6月3日にメンバーを42人に絞り込み、同10日から宮崎での強化合宿をスタートした。全国各地でワールドカップへ向けたさまざまなイベントも開催される中で、THE ANSWERでは、サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビーライター吉田宏氏が、日本ラグビーを支えてきたレジェンドたちの、日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、そして提言を綴る、毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」をスタートさせる。

4年前のイングランド大会で日本代表の躍進を支えた廣瀬俊朗氏【写真:松橋晶子】
4年前のイングランド大会で日本代表の躍進を支えた廣瀬俊朗氏【写真:松橋晶子】

ラグビーW杯開幕まで100日、新連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」スタート

 ラグビーワールドカップ日本大会は、100日後の9月20日にキックオフを迎える。大会ベスト8入りに挑むジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる日本代表は、6月3日にメンバーを42人に絞り込み、同10日から宮崎での強化合宿をスタートした。全国各地でワールドカップへ向けたさまざまなイベントも開催される中で、THE ANSWERでは、サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビーライター吉田宏氏が、日本ラグビーを支えてきたレジェンドたちの日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、そして提言を綴る、毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」をスタートさせる。

 第1回は、4年前のイングランド大会で日本代表の躍進を“影のリーダー”として支えた廣瀬俊朗氏。今年2月で東芝を退社して、日本のラグビーをさらに盛り上げるためのチャレンジもスタートさせたレジェンドが、桜の戦士たちに厳しくも力強いエールを送る。

 ◇ ◇ ◇

 ワールドカップを2度制覇した優勝候補の南アフリカからの金星、そしてプール戦(1次リーグ)3勝と、日本代表が過去にない躍進をみせた4年前のワールドカップ・イングランド大会。日本が、そして世界が熱い視線を送った桜の勇者の中で、1度もジャージーを着ることがなかった異色の選手が廣瀬俊朗氏だ。当時、日本を率いたエディー・ジョーンズHCは、周到な準備でチームを鍛え上げたが、31人という限られたワールドカップメンバーに、試合で起用することを考えてなかった廣瀬氏を敢えて選んだのだ。

 理由は、その冷静な判断力と、慶大大学院入学を辞して、東芝では研究ラボにも勤務した明晰な頭脳、そして代表選手誰からも信頼される人間性とリーダーシップを、チームに欠くことのできない戦力だと判断したからだ。同じ東芝のFLリーチ・マイケル主将をグラウンド外で支え、チームを一丸にまとめあげて、日本ラグビーに新たな歴史を刻んだ男は、4年前といまの日本代表を比べて、こう指摘する。

「いちばん変わったのは、選手のマインドセットのところでしょう。いまの日本代表は、普通に勝てるという意識が選手にある。どんな相手でも『オレらできる』と思ってやってますね。4年前の今頃は、まだ本当に勝てない、でもやるしかないという雰囲気でした」

 ジョーンズHCは、日本選手に根付いた世界トップ10レベルの強豪には勝てないという“負け犬根性”を拭い去って、強化に成功した。だが、その当事者であった廣瀬氏でも、祖国での開幕を待つ“ジェイミー・ジャパン”フィフティーンから、4年前とは比較にならない揺るぎない自信を感じ取っている。もちろん、2015年の躍進が自信の基盤となり、その後の新生日本代表の1歩1歩の足跡が、チームのマインドをさらに進化させてきた。

 2016年には、敵地カーディフのプリンシパリティスタジアムでウェールズ代表に30-33と肉薄。17年には、同じくアウエーでフランス代表に23-23と、史上初の引き分けを演じてみせた。昨秋にはニュージーランド(NZ)代表オールブラックスに31-69で敗れはしたが、世界最強の相手から5トライをマークした。史上初の“ラグビーの聖地”トゥイッケナムで行われたイングランド代表戦では、前半を15-10(最終スコアは15-35)と互角以上に渡り合った。金星こそなかったが、このティア1ネーションズと呼ばれる強豪との激闘が、日本代表に4年前以上の自信を植え付けたのだ。

 戦術面での4年前との違いも明白だ。廣瀬氏がジェイミー・ジャパンの特徴に挙げるキーワードが“自由”だ。

「日本代表のスタイルは大きく変わっています。創造性が必要になってきてると思います。4年前はシェイプというか、型に落とし込んで、そこから空いているスペースを探すというイメージ。でも、いまはさらに自由度の高いラグビーに取り組んでいる」

1 2 3 4

吉田宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。ワールドカップは1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーワールドカップでの南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かして、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集