[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「8強入りは十分可能」― 前回W杯の“影のリーダー”廣瀬俊朗が語る4年前との違い

廣瀬氏は日本代表について「8強入りは十分可能」と話した【写真:Getty Images】
廣瀬氏は日本代表について「8強入りは十分可能」と話した【写真:Getty Images】

ロシア戦快勝はマスト、結束力が8強への生命線

 最後に、ジェイミー・ジャパンが日本大会でかかげるベスト8以上という目標についての期待感を聞いてみた。2015年大会では、3勝しながら果たせなかった8強入り=決勝トーナメント進出だが、廣瀬氏は「可能性は十分あると思っています」と前向きだ。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「1つのキーになるのが初戦です。ロシア戦はすごく大事になる。勝てばいいという試合じゃないと思います。内容が大事なんです。あまり変な試合をすると、ファンも、メディアも不安を抱いてしまう。これは回避したい。昨年11月のロシア戦の内容じゃダメですね。開幕戦のいい勝利で、自分たちも、世論も盛り上げていくことが必要だと思います」と開幕戦から一気に勢いづくシナリオを思い描く。

「この冬の6か国対抗を見ても、スコットランドは元気がない試合もあった。アイルランドは、昨年までは勝つのは難しいと考えていた。でも、今年のイングランド戦などを見ると、ヒントはありそうです。司令塔のSOジョニー・セクストンにプレッシャーをかけると(勝てる)可能性は0じゃないんだとね」

 最上のシナリオを実現するために、廣瀬氏が大前提と考えるのが結束力、つまり“つながり”だ。4年前の廣瀬氏が果たしたように、ワールドカップ日本大会でフィフティーン1人1人をつなげて、日本代表を真のワンチームに結束させることができれば、新たな歴史が目撃できるはずだ。

廣瀬 俊朗(ひろせ・としあき)
1981年大阪府吹田市生まれ。5歳のときに吹田ラグビースクールでラグビーを始め、大阪府下有数の進学校、北野高校でもSOで活躍して慶大―東芝と、所属するチームですべて主将を務めた。東芝時代はWTBでも、司令塔を兼務する独自のスタイルで、チームのトップリーグ制覇に貢献。2007年に日本代表入りして、12年には、エディー・ジョーンズHCが就任後に主将に任命。2015年ワールドカップ後のオフシーズンに現役を引退。東芝のBKコーチなどを務め、今年2月に退任と同時に東芝を退社。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集