[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悲劇のデュラントへ― ウッズが魂の金言「みんな同様の状況に置かれた経験がある」

米プロバスケットボールのNBAファイナル第5戦は10日(日本時間11日)、ウォリアーズがラプターズを106-105で下し、2勝3敗とした。王者が意地を見せた一戦で、悲劇の主人公となったのがケビン・デュラントだ。ふくらはぎの故障から約1か月ぶりに戦線復帰した点取り屋は第2クォーター残り9分46秒に右足を負傷。途中交代を余儀なくされた。試合後にはチームのボブ・マイヤーズGMの涙の記者会見が大きな話題を呼んでいたが、ゴルフ界のレジェンドもデュラントへ、熱いエールを送っている。

タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】
タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

戦線復帰即負傷のデュラントへ、ウッズがエール

 米プロバスケットボールのNBAファイナル第5戦は10日(日本時間11日)、ウォリアーズがラプターズを106-105で下し、2勝3敗とした。王者が意地を見せた一戦で、悲劇の主人公となったのがケビン・デュラントだ。ふくらはぎの故障から約1か月ぶりに戦線復帰した点取り屋は第2クォーター残り9分46秒に右足を負傷。途中交代を余儀なくされた。試合後にはチームのボブ・マイヤーズGMの涙の記者会見が大きな話題を呼んでいたが、ゴルフ界のレジェンドもデュラントへ、熱いエールを送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 第2クォーター残り10分を切った場面、サンダー時代の同僚イバカに1対1を仕掛けた直後、デュラントは右足を押さえながらコートに倒れ込んだ。試合後にマイヤーズGMは「ケビンはアキレス腱を故障してしまいました。怪我の具合はわかりません」と語り、涙していた。

 勝利と引き換えの代償は小さくなく今後が心配されるが、米紙「USAトゥデー」によると、タイガー・ウッズもデュラントに同情を示している。

 記事では、デュラントが怪我をしたことを聞くと、ウッズは肩を落とし頷いたと状況を伝えている。そして、こう語ったという。

「悲しかったよ。アスリートとして、みんな同じような状況に置かれた経験を持っている。何か起きたと分かったとき、全く動けず、何もできなくなるというような経験をね。

 自分も同じ状況に置かれていた。自分もアキレス腱を痛めた経験がある。背中も同じだ。だから気持ちがわかるんだよ。最悪な気持ちなんだよ。それに誰もその状況を助けることはできない。それが辛いところだ。彼がリハビリの手順を聞いているか分からないが、最も辛いのは、オフシーズンとリハビリなんだよ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集