[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュースの記事一覧

  • 閉会式にリーチ主将がサプライズ登場 スーツ姿での“運転手役”に会場大声援

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝戦を迎え、世界ランク1位のイングランドと同3位の南アフリカが激突。フィジカルの強さを生かして終始、主導権を握り続けた南アフリカが32-12で勝利し、2007年以来3大会ぶり、大会史上最多タイとなる3度目の優勝を飾った。終了後には閉会式が行われ、日本代表のリーチ・マイケル主将が登場。会場から大声援が送られた。

  • イングランド準V エディーHCは日本に深く感謝「今回のW杯は素晴らしい大会だった」

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で下し、3大会ぶり3度目の優勝を達成した。敗れたイングランドのエディー・ジョーンズHCは「今回のW杯は素晴らしい大会だったと伝えたい」と感謝した。

  • 南アフリカV、黒人初の主将コリシは涙「団結すれば素晴らしい目標達成できると証明」

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で下し、3大会ぶり3度目の優勝を達成した。プレースキッカーを務めるSOハンドレ・ポラードがロングキックを次々と決める“神の足”を披露。7万103人の観客が見守る中、史上最多タイとなる3度目の栄冠を掴んだ。

  • イングランド、完敗で2度目のVならず エディーHCは“第二の故郷”日本で無念

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドが同3位の南アフリカと激突。2003年大会以来、2度目の優勝を目指したイングランドは勝負所でのペナルティが重なり、12-32で敗れた。前回大会で日本代表を率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)にとっても悲願の初Vはならなかった。

  • 南アフリカ、涙の史上最多タイ3度目V イングランドに完勝、決勝3戦3勝V率100%

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝戦を迎え、世界ランク1位のイングランドと同2位の南アフリカが激突。フィジカルの強さを生かして終始、主導権を握り続けた南アフリカが32-12で勝利し、2007年以来3度目の優勝を飾った。プレースキッカーを務めるSOハンドレ・ポラードがロングキックを次々と決める“神の足”を披露。7万103人の観客が見守る中、史上最多タイとなる3度目の栄冠を掴んだ。

  • 南アフリカがイングランドに12-6で前半リード ポラードがPG4本成功、3度目Vへ前進

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドが同2位の南アフリカと激突。前半は南アフリカが12-6とリードを奪って、折り返した。

  • ヘンリー王子が決勝イングランド戦を観戦 日本大会に賛辞「素晴らしい仕事している」

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、決勝のイングランド―南アフリカが横浜国際総合競技場で行われ、英国のヘンリー王子が観戦のために来場。試合前、大会名誉総裁を務める秋篠宮さま、紀子さまと並び、特別席に姿を見せた。

  • 首位発進コストルナヤの採点は厳しかった? 米記者も驚き「まだ信じられない」

    2019.11.02

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フランス杯は1日、女子ショートプログラム(SP)でシニアGPデビューとなった16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が76.55点で首位に立ち、74.24点だった平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)を2位に抑えた。国際スケート連盟(ISU)は冒頭で3回転アクセルを着氷させた瞬間を動画付きで公開し、反響が集まっていたが、一部の海外メディアからは厳しい採点について驚きの声が上がっている。

  • リーチらに府中熱狂 流大が“1万5000人パレード”公開で反響「すっごい人ですね」

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)で史上初の8強入りを果たした日本代表。東京・府中市を本拠地とする東芝とサントリーの所属選手が2日、同市内で報告会を開催した。FLリーチ・マイケル主将、徳永祥尭(ともに東芝)、SH流大、CTB中村亮土、WTB松島幸太朗(いずれもサントリー)が参加し、流は自身のツイッターに動画を投稿。祝福される“英雄目線”の様子を公開している。

  • ブーム火付け役のNZ、貫き通した“最後のお辞儀”に感動の反響「本当に泣けてくる」

    2019.11.02

    ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、3位決定戦(東京スタジアム)でニュージーランドがウェールズを40-17で下し、3位で終えた。今大会で“お辞儀ブーム”の火付け役となったオールブラックスは試合後、最後のお辞儀を披露。声援を送ってくれた母国と日本のファンに対し、日本流で感謝を示した。大会公式ツイッターが動画付きで公開すると、「本当に泣けてくる」「最後まで本当に紳士でした」と反響が集まっている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集