[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は5位で快挙ならず カネロが全米記者協会の「年間最優秀選手賞」を受賞

全米ボクシング記者協会(BWAA)は19日(日本時間20日)、公式サイトで年間最優秀選手賞を発表。WBO世界ライトヘビー級王者カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が選ばれた。主要候補にノミネートされていたWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5位だった。

井上尚弥【写真:Getty images】
井上尚弥【写真:Getty images】

2位はロマチェンコ、3位はクロフォードで三つ巴の争いに

 全米ボクシング記者協会(BWAA)は19日(日本時間20日)、公式サイトで年間最優秀選手賞を発表。WBO世界ライトヘビー級王者カネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が選ばれた。主要候補にノミネートされていたWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5位だった。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

「カネロ・アルバレスがBWAAの新たなパウンド・フォー・パウンドキング」と公式サイトでは発表した。

 11月にライトヘビー級タイトルマッチでセルゲイ・コバレフ(ロシア)を倒して、4階級制覇に成功したカネロは記者投票で137ポイントを獲得。2位のライト級3団体世界王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は136ポイントで1ポイント差に泣くことになった。3位はWBOウェルター級世界王者のテレンス・クロフォード(米国)で130ポイントで三つ巴の争いだった。

 4位はウェルター級2団体世界王者のエロール・スペンスJr.(米国)の93票。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級を制した井上は85票で5位となった。

 興行大手トップランク社と共同プロモート契約を結んだ井上は来季から米国を主戦場とする予定。2020年こそ、この権威ある栄冠を手にできるのか――。ボクシングの本場で強烈なインパクトが期待される。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集