[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に宣戦布告 カシメロの野望は4団体統一「オレのゴールは全ベルト獲得だ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF世界王者・井上尚弥(大橋)。来年4月に米国で予定される次戦の有力候補に浮上しているWBO王者ジョエルリエル・カシメロ(フィリピン)は「オレのゴールは4団体のベルト統一だ」と豪語している。フィリピンメディア「インクワイラー」が報じている。

井上尚弥(左)とジョエルリエル・カシメロ【写真:AP,Getty Images】
井上尚弥(左)とジョエルリエル・カシメロ【写真:AP,Getty Images】

井上の次戦有力候補が豪語「どちらが上のファイターか知りたい」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF世界王者・井上尚弥(大橋)。来年4月に米国で予定される次戦の有力候補に浮上しているWBO王者ジョエルリエル・カシメロ(フィリピン)は「オレのゴールは4団体のベルト統一だ」と豪語している。フィリピンメディア「インクワイラー」が報じている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 11月に英国で11秒KO男ゾラニ・テテ(南アフリカ)相手に3回TKO勝ちを収めたカシメロ。母国フィリピンのアメリア・ホテル・マニラで行われたスポーツライターフォーラムに出席し、モンスターにまたしても挑戦状を叩きつけた。記事によると、カシメロは「オレはイノウエと戦いたい。どちらが上のファイターなのか知りたい」と語ったという。

 さらに、3団体統一戦に闘志をたぎらせていたフィリピンの猛者は「オレのゴールは4団体のベルトすべてを手にすることだ」と豪語。井上を倒した後、ノルディ・ウーバーリ(フランス)の持つWBCのベルトも狙いに行く青写真を明かしたという。

 記事でも「1人墜落させた。あと3人だ。バンタム級統一を熱望するジョンリエル・カシメロは今、日本のナオヤ・イノウエというバンタム級最大のビッグネームを視野に入れている」と報じている。テテを倒した直後から「モンスター、出てこい」と井上を挑発していたカシメロ。バンタム統一という壮大な野望を掲げ始めた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集