[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

おりひめJ、課題は退場数の多さ 初戦から改善できず、大山真奈「徹底して減らす」

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は2日、D組の1次リーグ第2戦(パークドーム熊本)で同42位のコンゴ(旧ザイール)と対戦し、28-16で開幕2連勝を飾った。同2位のロシア、同19位のスウェーデンとともに勝ち点4で首位タイ。3日はスウェーデンと対戦する。

大山真奈【写真:荒川祐史】
大山真奈【写真:荒川祐史】

コンゴに快勝で開幕2連勝、6得点の大山真奈は1次L突破へ「これからが勝負どころ」

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は2日、D組の1次リーグ第2戦(パークドーム熊本)で同42位のコンゴ(旧ザイール)と対戦し、28-16で開幕2連勝を飾った。同2位のロシア、同19位のスウェーデンとともに勝ち点4で首位タイ。3日はスウェーデンと対戦する。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 またもネットを揺らし続けた。「おりひめJAPAN」の大山真奈は2-0の前半6分にこの日初得点を奪うと、右手で力強くガッツポーズ。チームを盛り立て、開始から5連続得点で幸先よくリードを奪った。後半開始早々には相手の反則から7メートルスローを獲得。一度は相手ゴールキーパーに阻まれたが、こぼれ球を拾ってすぐさまゴールを決めた。

 28-16の開幕2連勝に大きく貢献。シュート9本、6得点はいずれも両軍最多だ。チーム最多5得点だった30日のアルゼンチン戦に続き、プレイヤー・オブ・ザ・マッチに輝く活躍。しかし、試合後のミックスゾーンでは「途中でミスをした。そういうところを細かく繋ぎながら、相手どうこうよりも自分のシュートで見極めてやらないといけない」と修正点を口にした。

 チーム全体の課題は、2分間退場の多さだった。ハンドボールでは、悪質な反則を犯した選手は2分間の退場となり、この日は相手の倍となる4回。反則の回数に制限はないが、チームはその間、少ない人数で戦わなければならない。初戦から課題にしていたポイントだけに、大山は「何もしてない感覚もあるけど、退場になっている」と審判との感覚のズレを実感。「ディフェンスでの退場を減らすことを徹底したい」と語った。

 日本のウルリック・キルケリー・ヘッドコーチ(HC)も考えは同じ。初戦後にチーム内で何度も繰り返し共有した点だったが「目標よりも2回くらい多い」と指摘。「ここから世界選手権も別の次元に入っていく」とミスをなくす重要性を説いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集