[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本は「アジアで韓国に次ぐいいチーム」 コンゴHC称賛、体格差生かせず開幕2連敗

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は2日、D組の1次リーグ第2戦(パークドーム熊本)で同42位のコンゴ(旧ザイール)と対戦し、28-16で開幕2連勝を飾った。同2位のロシア、同19位のスウェーデンとともに勝ち点4で首位タイ。30日のスウェーデン戦に続き2連敗となったコンゴ代表ヘッドコーチ(HC)や選手が試合を振り返った。

永田しおり【写真:荒川祐史】
永田しおり【写真:荒川祐史】

日本は開幕2連勝、コンゴは6年ぶり白星ならず

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は2日、D組の1次リーグ第2戦(パークドーム熊本)で同42位のコンゴ(旧ザイール)と対戦し、28-16で開幕2連勝を飾った。同2位のロシア、同19位のスウェーデンとともに勝ち点4で首位タイ。30日のスウェーデン戦に続き2連敗となったコンゴ代表ヘッドコーチ(HC)や選手が試合を振り返った。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 日本は快勝で勝ち点2を積み上げた。「おりひめJAPAN」は前半開始から積極的な攻撃を仕掛け、いきなり5連続得点。素早いパス回しでフィジカルの強い相手を翻弄した。17-9で折り返すと、後半も猛攻。23-15の終盤はゆっくりとボールを回し、隙を見て石立真悠子が相手のディフェンスラインを突破してゴールを奪った。またも5連続得点で突き放し、28-16で実力差を見せつけた。

 試合後の会見では、コンゴのMPOUA NKOUA Celestinヘッドコーチ(HC)は「まずは良い試合、ありがとうございます」と切り出すと、「日本は(世界ランク10位の)韓国に次いでアジアでいいチーム」と評価。「試合はよくないことが起きた。試合中にパスはたくさんしたけど、ゴールには結びつかなかった。そういう良くないことをたくさんしてしまった」と悔やんだ。

 背番号33のMEMANA DANIELE Estelも会見に出席。「この試合は大変だった。0-5で始まり、こっちのリズムはよくなかった。うまく走れなかったり、ボールを奪われたり、スペースが十分じゃなかった」と日本のディフェンスに苦戦した。

 大型選手が多く、コンゴは日本に体格で優位にたったが、組織的なディデンスを崩しきることはできず。逆に攻守の切り替えの遅さを突かれ、失点を重ねた。MEMANAは「日本チームはとてもアスレチックで速かった。パスやシュートが印象的。初めて試合するけど、そういうところが印象的だった」と振り返った。

 2大会ぶり3度目の出場となったコンゴ。前回出場の15年は未勝利に終わっただけに、今大会は初出場した13年以来の白星がほしいところ。3日は世界ランク2位のロシアと対戦する。

【大会方式】
 1次リーグは24か国が4組に分かれ、総当たりで各組上位3チームが2次リーグに進出する。勝ち点は勝ち2、引き分け1、負け0。2次リーグは12チームが2組に分かれ、各組上位2チームが準決勝へ。2次リーグ進出を逃したチームは順位決定戦に回る。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集