[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

おりひめJ、開幕2連勝で首位 スピード武器にコンゴ撃破、指揮官「2戦2勝は満足」

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は2日、D組の1次リーグ第2戦(パークドーム熊本)で同42位のコンゴ(旧ザイール)と対戦し、28-16で開幕2連勝を飾った。同2位のロシア、同19位のスウェーデンとともに勝ち点4で首位タイ。3日はスウェーデンと対戦する。

女子ハンドボール日本代表を率いるウルリック・キルケリーHC【写真:荒川祐史】
女子ハンドボール日本代表を率いるウルリック・キルケリーHC【写真:荒川祐史】

強豪デンマーク出身の日本代表キルケリーHC「アフリカ人に学ぶことがある」

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は2日、D組の1次リーグ第2戦(パークドーム熊本)で同42位のコンゴ(旧ザイール)と対戦し、28-16で開幕2連勝を飾った。同2位のロシア、同19位のスウェーデンとともに勝ち点4で首位タイ。3日はスウェーデンと対戦する。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 快勝で勝ち点2を積み上げた。「おりひめJAPAN」は前半開始から積極的な攻撃を仕掛け、いきなり5連続得点。素早いパス回しでフィジカルの強い相手を翻弄した。17-9で折り返すと、後半も猛攻。23-15の終盤はゆっくりとボールを回し、隙を見て石立真悠子が相手のディフェンスラインを突破してゴールを奪った。またも5連続得点で突き放し、28-16で実力差を見せつけた。

 試合後の会見では、日本のウルリック・キルケリー・ヘッドコーチ(HC)は「世界選手権開幕から2戦2勝は満足している」とコメント。格下への勝利にも「個々人のスピードスキルはアフリカ人に学ぶところがたくさんある。コンゴの選手は大変爆発的。1対1の場面は気をつけないといけなかった」と相手を称えながら課題を明かした。

 大型選手が多い相手に対し、体格で劣る日本。同HCは「我々のプランは相手にストレスをかけることだった。ほとんどの時間帯でディフェンスはうまくいっていた」と手応え。攻守の切り替えが遅い相手について「コンゴのリターンランが遅いので、そこを突こうと思った」とカウンターなど日本のスピードを生かして得点を重ねた。

 熊本が拠点のオムロン所属の勝連智恵は、後半20分に今大会初得点。「難しい試合になると思っていたけど、勝ててうれしい。相手のキーパーが見えていた。初得点でようやく決められてよかった」と笑顔を見せた。しかし、シュート3本で1得点にとどまり「今日の試合を勝ち切ることはよかったけど、シュートミスも多かった。相手キーパーの特徴を共有して、いい状態でシュートを決められるようにしたい」と成長を誓った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集