[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、怪我明け演技を米記者評価 冒頭4Tは「調子を考慮すると悪くないが…」

フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.76点で4位発進。首位は100.18点のヴィンセント・ジョウ(米国)で、フリーでは8.42点差から逆転を狙う。冒頭の4回転トウループで手をついてしまい、点数が伸び悩んだ宇野。米記者は冷静なジャッジを下している。

四大陸選手権のSPで4位発進の宇野【写真:AP】
四大陸選手権のSPで4位発進の宇野【写真:AP】

4位発進の宇野、状態不安の中での演技を米記者はどう見た?

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.76点で4位発進。首位は100.18点のヴィンセント・ジョウ(米国)で、フリーでは8.42点差から逆転を狙う。冒頭の4回転トウループで手をついてしまい、点数が伸び悩んだ宇野。米記者は冷静なジャッジを下している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 右足首の不安を抱えながらの魂の演技だった。宇野は冒頭の4回転トウループで手をついてしまい、GOE(出来栄え点)でマイナスに。続く3回転サルコー―3回転トウループでは、着氷で詰まってしまった。後半のトリプルアクセルは美しく決めた。ステップ、スピンは全てレベル4を獲得。自身のベスト(104.15点)には遠く及ばなかったが、なんとか踏ん張った。

 米国のフィギュア記者、ジャッキー・ウォン氏は自身のツイッターで宇野の演技を速報。「彼の4回転トウループはここ最近の調子を考慮すると悪くなかったが、2つのエラーはサプライズだった」とつづった。万全とは言い難い状態での演技だっただけに、一定の評価を下していた。

 1日空けて9日(日本時間10日)のフリーでどんな演技を見せてくれるのか。右足首の状態は心配されるが、反撃に期待したい。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集