[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、91.76点で4位発進 首位ジョウとの差は約8点…フリーで逆転目指す

フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.76点で4位発進。日本勢は田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は自己ベストを更新する83.93点で7位。友野一希(同大)は74.16点で12位。首位は100.18点のヴィンセント・ジョウ(米国)。

四大陸選手権のSPで4位発進の宇野【写真:AP】
四大陸選手権のSPで4位発進の宇野【写真:AP】

男子SP、宇野は右足首痛抱えながら意地の演技

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.76点で4位発進。日本勢は田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は自己ベストを更新する83.93点で7位。友野一希(同大)は74.16点で12位。首位は100.18点のヴィンセント・ジョウ(米国)。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 右足首の不安を堪えながら、宇野が全日本王者の意地を見せた。冒頭の4回転トウループで手をついてしまい、GOE(出来栄え点)でマイナスに。続く3回転サルコー―3回転トウループでは、着氷で詰まった。しかし、後半のトリプルアクセルは美しく決めた。ステップ、スピンは全てレベル4を獲得。会心の演技とはいかなかったが、何とか堪えた。

 昨年のこの大会、平昌五輪、世界選手権、グランプリファイナルなど国際主要大会で2位が続いている宇野。“シルバーコレクター”返上へ、フリーで頂点を目指す。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集