[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

32歳長友佑都が挑戦をやめない理由 刺激受けた2人の戦友「彼らがいなかったら僕は…」

海外サッカーのトルコリーグ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都がアジア決戦を経て、再び、戦いの場をトルコに移す。アジア杯でも躍動した名サイドバックは、ベテランと言われる域に入ってなお、日の丸を背負い、戦い続けている。なぜ、32歳となっても、挑戦をやめないのか。その裏には、ある存在が関係しているという。

アジア杯でも躍動した長友は、再び活動の場をトルコに移す【写真:Getty Images】
アジア杯でも躍動した長友は、再び活動の場をトルコに移す【写真:Getty Images】

長友が明かす本田圭佑と長谷部誠の存在「今でも刺激を与えてもらえる戦友です」

 海外サッカーのトルコリーグ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都がアジア決戦を経て、再び、戦いの場をトルコに移す。アジア杯でも躍動した名サイドバックは、ベテランと言われる域に入ってなお、日の丸を背負い、戦い続けている。対照的に本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)と長谷部誠(フランクフルト)は代表のユニホームを脱いだ。なぜ、長友は32歳となっても、挑戦をやめないのか――。

【PR】大谷翔平が復帰間近! 野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施

「今でも刺激を与えてもらえる戦友と思っています」

 長友は本田と長谷部について、こう表現した。昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会まで日本代表を牽引し、ともに戦ってきた2人。その存在は今なお、かけがえのないものだという。

「長い間、一緒に戦ってきて、同世代の選手の活躍したニュースを聞くと、刺激をもらえる。俺もまだまだやらないといけない、負けてられないって気持ちになるんですよ。やっぱり常に良きライバルであり、戦友なんだと思いますよ」

 本田、長谷部ともにロシアW杯を最後に代表のユニホームを脱いだ。一方で長友は大会後も代表で戦う決断を下した。その背景には、代表引退した2人の存在が大きかったという。

「これは自分自身にとって本当に大きな財産です。多分、彼らがいなかったら僕は代表を続けていない。そのモチベーションは沸かなかったと思います。その刺激は常にもらっています。本当に感謝しなくてはいけないですよね」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集