[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、“背中通し”から… “巧みの技”に米ファン喝采「この男は脅威になる」

米プロバスケットボール(NBA)グリズリーズの渡邊雄太は7日(日本時間8日)のサンダー戦の第1クオーター(Q)から出場し、自己最長となる計26分46秒プレー。日本人選手史上最多となる10得点、5リバウンド、1アシスト、1スティールを記録した。NBAは第1Qに背中を通す巧みなドリブルで、相手を振り切って見事なレイアップを決めるシーンを動画つきで速報。米ファンの喝采を浴びている。

自身最多となる10得点を挙げた渡邊雄太【写真:AP】
自身最多となる10得点を挙げた渡邊雄太【写真:AP】

日本人初の2ケタ得点をマーク、渡邊が決めた第1Qの得点にNBA脚光

 米プロバスケットボール(NBA)グリズリーズの渡邊雄太は7日(日本時間8日)のサンダー戦の第1クオーター(Q)から出場し、自己最長となる計26分46秒プレー。日本人選手史上最多となる10得点、5リバウンド、1アシスト、1スティールを記録した。NBAは第1Qに背中を通す巧みなドリブルで、相手を振り切って見事なレイアップを決めるシーンを動画つきで速報。米ファンの喝采を浴びている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 渡邊がまた日本のバスケ史に歴史を刻んだ。第1Q、残り3分58秒の場面。相手のシュートを阻止したところからの速攻。自陣でボールを受けた渡邊は、巧みに背中を通すドリブルも披露しながら、敵陣まで進入。相手に守備をさせず、レイアップでリングに通した。技術が凝縮された価値ある得点。前節に引き続き応援に訪れていた両親の前で結果を残した。

 日本人史上初の2ケタ得点の口火となった得点をNBAは公式インスタグラムに「ユウタ・ワタナベが家族の目の前でゴールを沈める」とつづり、動画で公開。現地ファンからは拍手喝采だ。

「これが見たかった」
「印象深い。彼の成功を期待するよ」
「彼は素晴らしいね」
「グレート」
「この男は脅威になるだろう」
「完璧だ」
「ベストシュート・オブ・ザ・イヤー」

 第2Qにはダンクも決め、第4Qには4得点を挙げ、2ケタ得点をマークした渡邊。故障者の多いチームは95-117で大敗したが、本契約へ確かな足跡を刻み続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集