[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中刑事、逆転表彰台へ 自己ベストの迫真演技を米記者称賛「ベストのSPの一つだ」

フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.76点で4位発進。一方で日本勢2番手として輝きを放ったのが、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)だ。自己ベストを大きく更新する更新する83.93点で7位。昨年は4位と表彰台まであと一歩だったが、今年は手が届くのか。この日の演技を米記者も称賛している。

自己ベストを更新する83.93点で7位につけた田中【写真:AP】
自己ベストを更新する83.93点で7位につけた田中【写真:AP】

自己ベストを3点以上更新した演技を米記者称賛

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、男子ショートプログラム(SP)では平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が91.76点で4位発進。一方で日本勢2番手として輝きを放ったのが、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)だ。自己ベストを大きく更新する更新する83.93点で7位。昨年は4位と表彰台まであと一歩だったが、今年は手が届くのか。この日の演技を米記者も称賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 全日本選手権で3位に入った田中。この日の演技も力が入っていた。冒頭の4回転サルコーは着氷で乱れ、手をついてしまった。続くルッツ―トウループの連続3回転は決め、後半のトリプルアクセルは鮮やかに決めた。得点の83.93点はこれまでの国際大会での自己ベスト(80.60点)を大きく更新。堂々たる演技だった。

 この演技に米国のジャッキー・ウォン氏も「シーズンにおける彼のベストのショートプログラムの一つだった」とツイートし、拍手を送っていた。

 表彰台にはフリーでの完璧な演技が必要。一皮むけた姿をアナハイムで見せられるか。その答えは9日(日本時間10日)に出る。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集