[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ミケルソンの“故意打ち”に米ファン賛否 「これはコースが悪い!」の声まで…

ミケルソンの“故意打ち”に米ファン賛否 「これはコースが悪い!」の声まで…

米男子ゴルフの4大メジャー第2戦・全米オープン第3日は16日、フィル・ミケルソン(米国)がグリーン上で動いている球を打つという“故意打ち”で2打罰則を受けるという珍事が発生。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」などが実際の映像を公開し、米メディアを「ショッキングなルール破り」などと唖然とさせていたが、ファンの間では「失格となるべき」「彼も人の子なんだ」などと賛否が分かれ、「これはコースが悪い!」との声も上がっている。

フィル・ミケルソン【写真:Getty Images】
フィル・ミケルソン【写真:Getty Images】

動いている球を打つ違反に米ファンも困惑「失格となるべき」「彼も人の子なんだ」

 米男子ゴルフの4大メジャー第2戦・全米オープン第3日は16日、フィル・ミケルソン(米国)がグリーン上で動いている球を打つという“故意打ち”で2打罰則を受けるという珍事が発生。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」などが実際の映像を公開し、米メディアを「ショッキングなルール破り」などと唖然とさせていたが、ファンの間では「失格となるべき」「彼も人の子なんだ」などと賛否が分かれ、「これはコースが悪い!」との声も上がっている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさかの光景だった。目を疑うような珍事が起きたのは13番ホールのグリーン上だった。ミケルソンが3メートルの位置から狙ったパットはオーバーし、傾斜を下り始めた。次の瞬間、何を思ったのか、小走りでボールに追いつくと、まだ動いているボールをカップの方向に打ち返してしまった。これは当然、違反行為だ。

 FOXスポーツは公式ツイッターで、故意を認めた本人のコメントともに映像を公開。米メディアも「ショッキングなルール破り」「ミケルソンはそろそろ大人になるべき」などとこぞって取り上げ、大きな波紋を広げていたが、実際のシーンを紹介したPGAツアー公式ツイッターにも海外ファンの賛否の声が続々と殺到した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー