[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんなレース見たことない!? 「落馬→再騎乗→1着の奇跡」に米仰天「馬に尊敬だ」

こんなレース見たことない!? 「落馬→再騎乗→1着の奇跡」に米仰天「馬に尊敬だ」

海外競馬の障害レースで馬が転倒し、騎手が一度落馬しながら再騎乗、しかも差し切って1着でゴールしてしまうミラクルが発生。驚愕のシーンを米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」の公式インスタグラムが動画で公開し、話題を呼んでいたが、米ファンも「馬に尊敬だ」「非現実的な粘り強さだ」と仰天し、反響は拡大している。

落馬後もレースを続けたアーロン・クル騎手とデドゥジュ(写真はサイトのスクリーンショットです)
落馬後もレースを続けたアーロン・クル騎手とデドゥジュ(写真はサイトのスクリーンショットです)

NZの障害レースで起きた珍事の反響拡大「非現実的な粘り強さだ」

 海外競馬の障害レースで馬が転倒し、騎手が一度落馬しながら再騎乗、しかも差し切って1着でゴールしてしまうミラクルが発生。驚愕のシーンを米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」の公式インスタグラムが動画で公開し、話題を呼んでいたが、米ファンも「馬に尊敬だ」「非現実的な粘り強さだ」と仰天し、反響は拡大している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさかの珍事が発生したのは、ニュージーランドだった。現地メディア「Stuff」によると、舞台は16日に行われた3200メートルの障害レース。主役は2番人気で有力馬の一角として出走していたアーロン・クル騎乗のデドゥジュだった。

 序盤の飛越でデドゥジュがバランスを崩して転倒。弾みでクル騎手も振り落とされた。しかし、執念を感じさせたのは次の瞬間だ。手綱を離しておらず、瞬時に立ち上がると、ものの一瞬で飛び乗った。そして、ぐんぐん追い上げ、先頭集団に取りつくと、最後の直線で力強く末脚を伸ばし、ゴール板ギリギリで先頭を差し切ってみせたのだ。

 日本では落馬した時点で競走中止となる場面。人馬ともに諦めることなく、1着を勝ち取った執念はただただ驚くばかりだ。「スポーツセンター」は「馬が転倒。騎手が奇跡的にしがみつく。馬は復帰して、レースに勝った!?」と驚きのコメントとともにインスタグラムに動画を公開。奇跡を目の当たりにした米国の競馬ファンも仰天した様子だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー