[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「動く速球」の究極系!? 超剛腕の“161kmツーシーム”に米唖然「打つのは不可能だ」

「動く速球」の究極系!? 超剛腕の“161kmツーシーム”に米唖然「打つのは不可能だ」

フォーシームとは異なり、手元で動き、バットの芯をズラすツーシーム。米大リーグでは、そんな厄介な球を100マイル(約161キロ)で投げ込む剛腕もいる。「動く速球」の究極系ともいうべき圧巻の1球をMLBが動画で公開すると、米ファンから「これはただただタチの悪い1球だ」「打つのは不可能だ」と唖然とした声が上がっている。

ルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】
ルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】

ヤンキース右腕セベリーノが投じた1球に反響「ただただタチの悪い1球だ」

 フォーシームとは異なり、手元で動き、バットの芯をズラすツーシーム。米大リーグでは、そんな厄介な球を100マイル(約161キロ)で投げ込む剛腕もいる。「動く速球」の究極系ともいうべき圧巻の1球をMLBが動画で公開すると、米ファンから「これはただただタチの悪い1球だ」「打つのは不可能だ」と唖然とした声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 速くて、動く。圧巻の“100マイルツーシーム”で脚光を浴びているのは、ヤンキースの右腕ルイス・セベリーノだ。16日(日本時間17日)のレイズ戦、2-0で迎えた4回1死二塁の場面だった。

 打席には4番の右打者クロン。カウント2-2からの5球目。腕を振って放たれたのは剛速球。うなりを上げ、ミットに向かっていったが、ただの直球じゃなかった。真ん中付近から打者の膝元に食い込むように変化。“速すぎる動く速球”に打者のバットは動かない。内角低めにズバッと決まり、見逃し三振に斬った。

 驚きは球速だ。表示されたのは、なんと100マイル(約161キロ)。これで球が動くのだから、凄まじい。圧巻の1球をMLB公式ツイッターは動画付きで公開。驚きの声が続々と上がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー