[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、無敗王者も戦意喪失した衝撃KOから3年 英回顧「ナイフでバターを切るよう」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、世界を震撼させたKO劇が再び脚光を浴びている。2019年5月18日、英スコットランド・グラスゴーの「SSEハイドロ」で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝。当時無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回に3つのダウンを奪ってTKO勝ちしたが、3年が経過したタイミングで英メディアは改めて衝撃を伝えている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥が世界を震撼、WBSS準決勝から3年

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、世界を震撼させたKO劇が再び脚光を浴びている。2019年5月18日、英スコットランド・グラスゴーの「SSEハイドロ」で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝。当時無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)から2回に3つのダウンを奪ってTKO勝ちしたが、3年が経過したタイミングで英メディアは改めて衝撃を伝えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 英国で強さを示した。初回はロドリゲスの圧力に押される場面もあった井上だが、2回にはすぐさま対応。ダッキングを交わし左のショートを炸裂させた。最初のダウンを奪うと、再開後に左右のボディーを浴びせた。ロドリゲスはまたも膝をつく。苦しそうに陣営コーナーの方へ首を振り、ほとんど戦意喪失状態だ。

 それでも何とか立ち上がったが、井上が猛然とたたみかけて3度目のダウン。259秒で勝負は決した。日本時間19日でちょうど3年が経過した圧勝劇。英メディア「ギブミースポーツ」は「ナオヤ・イノウエ:モンスターがエマヌエル・ロドリゲスを2回で破壊するビデオがバズる」との見出しで記事を掲載した。

 記事では「ナオヤ・イノウエは“モンスター”の異名通り、エマヌエル・ロドリゲスをナイフがバターを切るかのように猛威を振るった」と独特の表現で称賛した。井上は6月7日、WBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集