[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新世紀世代・西郷真央と山下美夢有が首位並走 「ショットを曲げない」認め合う2人の仲

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス第2日が20日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。首位には、2位から出て70で回った西郷真央(島津製作所)と4位から出て68で回った山下美夢有(加賀電子)が、通算7アンダーで並んだ。同じ2001年度生まれ「新世紀世代」の2人は友人であり、認め合う関係。今季、勢いを増す両選手が、渋野日向子(サントリー)が予選落ち(通算3オーバー、69位)した大会の主役になる。なお申ジエ(韓国)も7アンダーの首位タイ。

【写真:Getty Images】
【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス第2日

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス第2日が20日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。首位には、2位から出て70で回った西郷真央(島津製作所)と4位から出て68で回った山下美夢有(加賀電子)が、通算7アンダーで並んだ。同じ2001年度生まれ「新世紀世代」の2人は友人であり、認め合う関係。今季、勢いを増す両選手が、渋野日向子(サントリー)が予選落ち(通算3オーバー、69位)した大会の主役になる。なお申ジエ(韓国)も7アンダーの首位タイ。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 今季4勝の西郷と1勝の山下が首位に並んだ。ともに曲がらないショット、勝負強いパッティングを武器にスコアを伸ばした。

西郷「前半(3バーディー、1ボギー)はショットが良かった。ただ、後半(全てパー)はバーディーチャンスにつけられなかったです。グリーンの付近だけ違う風が吹いていたりしたので、グリーンの手前に(敢えて)ボールを置くこともしました。それはマネジメントとして良かったです」

 ほけんの窓口レディースで2週連続予選落ちとなり、15日に師匠・尾崎将司の自宅を訪問した。その際、修正してもらったショットはこの日も好調。そして、尾崎に「ゴルフ脳はトップ」と言わしめる頭も冴えた。

 山下は2番パー5で、自身プロ初のイーグルを奪い、勢いに乗った。

山下「2オンできて20メートルのパットが入りました。『2メートル以内に寄って』と思ったら、入ったのでビックリしました」

 3週連続予選落ちの後、前々週のワールドレディスサロンパス杯では、メジャー初優勝を飾った。コーチの父・勝臣(まさおみ)さんに「タイミングが合っていない。トップで間を置いて」とアドバイスされ、劇的にショットが良くなった。しかし、前週のほけんの窓口レディースは予選落ちを喫した。

山下「『予選通過だけは絶対に』と思っていたので、悔しかったです。父にも連絡しました。でも、『終わったこと。切り替えていこう』と言われました。ショットの状態はいいままだったので、技術的に変えたところはありません」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集