[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、練習の最新状況をレポート ファンも「リアルスーパーサイヤ人」と驚く迫力

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日にWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦へ向け、着々と準備を進めている。練習の最新状況を自身のインスタグラムで報告。調整過程に自信を示すと、ファンからは「仕上がって来てますね」「リアルにスーパーサイヤ人」と期待の声が上がっている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】

6月7日にドネアと王座統一戦「素晴らしいイメージと動きが出来てる」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日に行われるWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦へ向け、着々と準備を進めている。練習の最新状況を自身のインスタグラムで報告。調整過程に自信を示すと、ファンからは「仕上がって来てますね」「リアルにスーパーサイヤ人」と期待の声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 決戦まで残り1か月を切った。染め上げた金髪が際立つ井上は、吼えるように口を開けながらミットに右拳を叩き込む。腕は筋張り、背中は一つ一つの筋肉が盛り上がっている。井上は自身のインスタグラムに「素晴らしいイメージと動きが出来てる」と記し、調整過程に自信を見せた。「期待を超えてみせる」と意気込みとともに迫力十分の練習写真を掲載した。

 ファンの間でも徐々に統一戦への期待は高まっているようで、「仕上がって来てますね」「世界のボクシングファンの度肝を抜いて下さい」「すげぇ背中」「リアルにスーパーサイヤ人」「迫力が伝わって来ます」「期待しかない」「圧倒的な勝利を」とコメントが寄せられていた。

 井上は、ドネアと前回対戦した2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝では、右目眼窩底と鼻骨の骨折を負いながらも11回に左ボディーでダウンを奪い、3-0の判定勝ち。「ドラマ・イン・サイタマ」と名づけられ、権威ある米ボクシング専門誌「ザ・リング」の年間最高試合に選ばれるなど高い評価を受けていた。2度目のさいたま決戦に注目が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集