[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィリピンにもいた大谷翔平のファン 野球が盛んじゃない東南アジアから愛を贈る理由

米大リーグで5年目のシーズンを送るエンゼルス・大谷翔平投手は、野球の常識を覆す投打二刀流で地位を確立。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿は、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了する。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

野球が盛んではないフィリピンから応援する女性に、大谷の魅力と願いを聞いた【写真:Getty Images】
野球が盛んではないフィリピンから応援する女性に、大谷の魅力と願いを聞いた【写真:Getty Images】

連載「人間・大谷翔平の肖像」第2回は海外ファン 野球が盛んではないフィリピンから応援する女性

 米大リーグで5年目のシーズンを送るエンゼルス・大谷翔平投手は、野球の常識を覆す投打二刀流で地位を確立。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿は、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了する。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 大谷に声援を送っているのは、日本人ばかりではない。第2回は、大谷を応援する2人の海外ファン。後編で紹介する2人目は、フィリピン人の39歳女性ファン、ファティマ・サブンダヨさんだ。野球が決して盛んとは言えない東南アジアの島国から、なぜ異国の地で活躍する日本人に惹かれたのか。「私は日本人じゃないけど誇らしい」とまで語る魅力と、大谷への願いを教えてもらった。(取材・文=THE ANSWER編集部・和田 秀太郎)

 ◇ ◇ ◇

 ボクシングとバスケットボールが盛んなフィリピン。この地に野球のプロリーグは存在せず、マイナーなスポーツとして位置付けられているが、首都・マニラの自宅からエンゼルス戦を毎日観戦している女性がいた。

 高校時代にソフトボールをプレーしていたサブンダヨさんは、もともと熱心な野球ファンという程ではなかった。しかし、昨年7月、YouTubeに投稿されていた大谷のハイライト動画に目を奪われた。

「ただ、おすすめ動画に出てきただけなのですが、ちょっと見てみました。その動画を見終えてから、どんどん他のオオタニに関する動画を見ている自分がいたんです。いつの間にか検索もしていて、試合も調べていました。ファンになってしまったんです」

 大谷の存在を知ったのは、昨季の球宴前。仕事はフリーランスで、時間の融通が利く。19歳の娘と一緒に毎日テレビ観戦にするようになった。「彼はビッグネームなので、何かしらの記事が必ず出ています。それを読んでいます」。夜に仕事が終わってからの情報収集も欠かさない。

 昨季は打っては46本塁打、投げては9勝という大活躍でア・リーグのMVPに輝いた。そんな活躍を「アンビリーバブルです」と振り返った。

「いろんな人がいろんな言葉を使って、彼を言い表したでしょう。でも私はアンビリーバブルしか言えません。歴史的な快挙で、インクレディブル。どんな最上級の言葉を用いても言い表すことはできません。今もなお信じられません。アメージングです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集