[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、席巻の裏で日本時代の恩師が米国で再評価「ヒデキ・クリヤマも評価に値する」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は、9日(日本時間10日)の本拠地レイズ戦で自身初の満塁弾を含む1試合2発を放ち、本塁打は7本に。投げてはすでに3勝。ついに投打で本領発揮してきた大谷に対し、米名物コラムニストは元祖二刀流のベーブ・ルースよりも上と断言。そして、投打どちらかに専念させず、二刀流起用を貫いた日本ハム・栗山英樹監督(当時)の手腕を評価している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

人気ラジオ番組で米コラムニスト、ジョン・モロジ氏が改めて称賛

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は、9日(日本時間10日)の本拠地レイズ戦で自身初の満塁弾を含む1試合2発を放ち、本塁打は7本に。投げてはすでに3勝。ついに投打で本領発揮してきた大谷に対し、米名物コラムニストは元祖二刀流のベーブ・ルースよりも上と断言。そして、投打どちらかに専念させず、二刀流起用を貫いた日本ハム・栗山英樹監督(当時)の手腕を評価している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 5日(同6日)レッドソックス戦の聖地フェンウェイパークでの無失点快投、そして、9日レイズ戦のキャリア初の満塁弾と米国でビッグニュースを連発している大谷。米ラジオ局「CBSスポーツラジオ」の人気番組「ジム・ローマ・ショー」でも、旬の大谷がテーマとなった。

 人気司会者のローマ氏は、ゲストで登場した名物コラムニストのジョン・モロジ氏に「ショウヘイについて話しましょう。フェイウェイで11三振を奪った後、昨夜(9日)はキャリア初のグランドスラムを含む、ホームラン2本でした。打撃不振に陥っていた男とすれば、悪くない結果ですよね。我々は現時点で、彼について形容する言葉を失ってしまう段階まで来ていますが、今季の活躍をどう見ますか?」と問いかけた。

 すると、モロジ氏は「個人的には、彼を表す言葉は『唯一』です。ショウヘイ・オオタニのような存在は、この世界で唯一無二、ということです。これまでも存在しなかったし、これからも出てこないかもしれません」と絶賛した。

 そして、「野球の神様」と呼ばれる伝説と比較。「二刀流に関しては、かつてベーブ・ルースよりも高次元で成し遂げています。明確にしましょう。これに関してはオオタニが上なんです。現時点の全体的なインパクトはルース以上です。パワーヒットの能力に加え、空振りを奪う能力ですね」とルース超えに太鼓判を押した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集