[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、試合前のMVP受賞式で置かれたテーブル上に米識者驚き「ただただ凄すぎ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地レイズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。5打数2安打だった。試合前には昨季のア・リーグMVP受賞セレモニーが行われた。記念盾を受け取ったが、注目を集めたのは昨季受賞した10個のトロフィーがずらりと並んだテーブル。圧巻の光景に米識者からは「かなりのトロフィー数だ」「ただただ凄すぎる」と改めて驚きの声が上がっている。

昨季MVP受賞セレモニーで盾やトロフィーを受け取る大谷翔平【写真:AP】
昨季MVP受賞セレモニーで盾やトロフィーを受け取る大谷翔平【写真:AP】

レイズ戦前のMVP受賞セレモニーでトロフィーテーブルが注目の的に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地レイズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。5打数2安打だった。試合前には昨季のア・リーグMVP受賞セレモニーが行われた。記念盾を受け取ったが、注目を集めたのは昨季受賞した10個のトロフィーがずらりと並んだテーブル。圧巻の光景に米識者からは「かなりのトロフィー数だ」「ただただ凄すぎる」と改めて驚きの声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 二刀流の活躍が一目で分かる。大谷はアート・モレノ球団オーナーからMVP記念盾を渡されると、帽子を脱いでスタンドに挨拶。水原一平通訳や、マイク・トラウト外野手、ペリー・ミナシアンGMらとも記念撮影をした。しかし、米識者の視線を集めたのはトロフィーが置かれたテーブルだった。

 赤い布がかぶせられた丸テーブルには、MVP記念盾をはじめ、コミッショナー特別表彰、シルバースラッガー、エドガー・マルティネス賞(最優秀指名打者賞)、ESPY賞ベストMLB選手など10個のトロフィーがズラリと並べられた。球団公式ツイッターが実際の画像を公開すると、米ファンからは「凄い数のトロフィーだ」「トロフィーケース新調しなきゃ」「デカいテーブルが必要だったみたいね」と反響が寄せられていた。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者はエンゼルスのツイートを引用し、「かなりのトロフィー数だ……」と投稿。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニの受賞テーブルはただただ凄すぎる」と実際の画像とともにツイートしていた。

 大谷はこの試合、4回の第3打席に中前打、8回の第5打席にはあと数メートルで本塁打の右翼フェンス直撃二塁打を放ち、2試合連続マルチ安打をマークした。あと1本に迫っていたメジャー通算100号は出なかったものの、5打数2安打で打率.258とした。エンゼルスは先発のレイド・デトマーズ投手がノーヒットノーランを達成し、12-0で勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集