[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中学生も大学生も同じ練習メニュー BUラグビーアカデミーのブレない育成理念

ゴールデンウィーク後半の5月4、5日、東京・稲城市にあるスポーツ日大アスレチックパーク稲城で「Bring Up Rugby Academy GW特別レッスン2022」が開催された。抜けるような晴天の下、31人の中学生ラガーマンが参加。体力・スキル・コミュニケーション能力アップを図るレッスンに加え、日本大学が誇る最新のトレーニング施設を見学し、心も体も大きな刺激を受けた。

「Bring Up Rugby Academy GW特別レッスン2022」に31人の中学生ラガーマンが参加【写真:編集部】
「Bring Up Rugby Academy GW特別レッスン2022」に31人の中学生ラガーマンが参加【写真:編集部】

中学生ラガーマン31人がスポーツ日大アスレチックパーク稲城で特別レッスン

 ゴールデンウィーク後半の5月4、5日、東京・稲城市にあるスポーツ日大アスレチックパーク稲城で「Bring Up Rugby Academy GW特別レッスン2022」が開催された。抜けるような晴天の下、31人の中学生ラガーマンが参加。体力・スキル・コミュニケーション能力アップを図るレッスンに加え、日本大学が誇る最新のトレーニング施設を見学し、心も体も大きな刺激を受けた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 Bring Up Rugby Academy(BUラグビーアカデミー)とは、元ラグビー日本代表の菊谷崇氏、小野澤宏時氏、箕内拓郎氏が主宰する小中学生を対象としたラグビーアカデミーだ。東京イースト校、東京ウエスト校、静岡校を拠点に活動。ラグビーというコミュニケーション能力が求められるスポーツを通じ、子どもたちの対人間スキルや問題解決能力、自主性など“人間力”を高めることを目的とする。

 2018年に発足したアカデミーの活動は多方面から高い評価を受け、2022年度からは菊谷氏が日本大学ラグビー部のヘッドコーチに就任。BUラグビーアカデミーとも協力体制をとることになり、今回初めてのコラボ企画が実現した。この日は菊谷氏、小野澤氏のほか、奥井亮太コーチ、臼井智洋コーチが参加。日大ラグビー部からは学生スタッフ4人が参加し、GW特別レッスンの運営をサポートした。

 参加した31人の中学生の半数以上は、今回初めてBUラグビーアカデミーのレッスンを受ける子どもたち。この日を楽しみにしていたのか、初日は多くの参加者が練習開始の1時間以上前からグラウンドに集まった。

 午前10時を迎え、いよいよ特別レッスンがスタートした。両日ともに子どもたちはシャツの下にGPS装置を身につけ、練習中に走った距離、最大速度、加速回数など様々なデータを収集。また、ゲーム形式の練習の様子を上空からドローンで撮影し、細かな動きをチェック。ここでは日大ラグビー部でアナリストを務める高須光さんと金良拳さんが活躍した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集