[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ44歳大山志保が「68」好発進 「思い出せないくらい久しぶり」に体調良好のワケ

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。44歳の大山志保(大和ハウス工業)は6バーディー、2ボギーの68で回り、好発進した。年齢を考え、オフの間は練習量を減らしたことで、「思い出せないくらい久しぶりに体調がいい」と明かした。

大山志保【写真:Getty Images】
大山志保【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。44歳の大山志保(大和ハウス工業)は6バーディー、2ボギーの68で回り、好発進した。年齢を考え、オフの間は練習量を減らしたことで、「思い出せないくらい久しぶりに体調がいい」と明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー4。大山はピン左5メートルのバーディーパットを外し、顔をしかめた。それまでに6バーディーを奪っていたが、貪欲にピンを狙い、つかんだチャンスをものにしようとした。

「鹿児島(今季第3戦Tポイント×ENEOS)でアイアンをすごく久しぶりに替えて、ようやく合ってきました。距離感が戻ってきた感じです。もう少し調整が必要ですが」

 厳しいツアーで存在感を見せる44歳。オフの間はあえて練習量を減らしたという。

「今年はケガをしたくないので、打ち込みを控えました。1月末から始めた打ち込みは1日100球以内にしました。ラウンド数も減らして、ハーフラウンドを10回ぐらいでした。今までは練習が好きで、年齢も忘れて、『これだ』というものをつかむまで止められないタイプでした。このオフはそこをグッと我慢して、減らしました。やっぱり、ケガをしたくないので」

 その分、体幹トレーニングを増やすなどし、「ここ何年かで一番元気です」とも言った。昨年9月の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯では、稲見萌寧と優勝争いを演じた。期間中は「稲見さんを尊敬しています」と言ったが、今季5戦3勝の西郷真央についても「『すごいな~』と他人事のように思っています」と称賛。「いろんな選手が出てきていますし、レベルがものすごく上がっている感じがします。私が20代前半の頃は、あんなにいいプレーはできなかったです」と実感を込めた。

 もっとも、若手選手だけでなく、20代後半以上の選手にとっても、大山は憧れの存在。「(40代の)私が頑張ることが、いろんな選手の希望になる」と自覚する元賞金女王は、18年のヨネックスレディス以来約4年ぶりのツアー19勝目をどん欲に目指していく。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集