[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“ミス・メイ”大里桃子が4月に復調首位 5種類のグリップの理由は「イップスだから」

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。「黄金世代」でツアー2勝の大里桃子(伊藤園)が、6バーディー、ボギーなしの66で回り、6アンダー。2位に2打差の単独首位に立った。ショットの微調整に加え、「5種類ぐらいのグリップ」を駆使したパッティングが冴えた。昨年は5月に1勝、2位4度の活躍を見せた「ミス・メイ」が、気温上昇とともに復調してきた。

6アンダーで初日を終えて首位に立った大里桃子【写真:Getty Images】
6アンダーで初日を終えて首位に立った大里桃子【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。「黄金世代」でツアー2勝の大里桃子(伊藤園)が、6バーディー、ボギーなしの66で回り、6アンダー。2位に2打差の単独首位に立った。ショットの微調整に加え、「5種類ぐらいのグリップ」を駆使したパッティングが冴えた。昨年は5月に1勝、2位4度の活躍を見せた「ミス・メイ」が、気温上昇とともに復調してきた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大里は、フィーリングでグリップを決めているという。理由は「イップスだから」。2018年のシーズン途中から、「30センチのパットが思ったように打てなくなった」といい、「自分をごまかす」ために、グリーン上でさまざまなグリップを試みていると明かした。

 パッティングのグリップは、順手、クロスハンド(逆手)、クロー(利き手をカニのようにはさむ形)が一般的だが、大里いわく「私のクローはいろいろあるので、今日だけで計5種類ぐらいでパットしました」。そして、4~7メートルのミドルパットも沈め、6バーディーを奪った。

 今季は開幕から調子が上がらなかった。トップ10入りは1度もなく、2度の予選落ち。だが、昨日のプロアマ戦後にハンドファーストを意識したアイアンショットの練習で、「いい時の感覚を思い出した」という。

「いい時」とは、昨年5月のことだ。全週で優勝争いを演じ、ツアー2勝目もつかんだ。そして、「ミス・メイ」と称された。1年前も4月から調子を上げ、5月につなげた経緯があり、大里は言った。

「『ミス・メイ』で、みなさんに覚えていただいたのですが、また、印象付けられるような試合ができたらいいです」

 残り2日。得意の月を迎える前に、大里がエンジンをふかしていく。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集