[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悩み多き賞金女王・稲見萌寧、4位発進も「まだ自信はない」と吐露「今は一つ一つ結果を」

国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は、4バーディー、1ボギーの69で回って3アンダー。首位の大里桃子に3打差の4位で発進した。今季5戦の中では、最高のスタート。新トレーナーとの契約を解除するなど、悩みは多いが、好調のパッティングを武器に勝利を目指す。

初日を終えて3アンダーの4位につけた稲見萌寧【写真:Getty Images】
初日を終えて3アンダーの4位につけた稲見萌寧【写真:Getty Images】

富士フイルム・スタジオアリス女子オープン

 国内女子ゴルフツアーの富士フイルム・スタジオアリス女子オープン初日が8日、埼玉・石坂GCで行われた。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は、4バーディー、1ボギーの69で回って3アンダー。首位の大里桃子に3打差の4位で発進した。今季5戦の中では、最高のスタート。新トレーナーとの契約を解除するなど、悩みは多いが、好調のパッティングを武器に勝利を目指す。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見は耐えながら、スコアを伸ばした。インに入って風が強くなり、「チャンスのパー5がチャンスではなくなった」と表現したが、16番パー3では5番ウッドでのコントロールショットに成功。右手前7メートルのバーディーパットを沈めた。ホールアウト後は言葉を選びながらも、手応えを口にした。

「ずっと考えながらやっていますが、ここ何週間の中では楽な気持ちでプレーできました。まだ、上位で戦えている回数が少ないので、自信というのはあまりないですけど」

 前日の7日には、オフに契約してトレーナーとの契約を解除し、新たなトレーナーを探していることを明かした。取り組んでいたトレーニングがフィットせず、ショットやパットにブレが生じている可能性も示唆した。それでも、昨季の賞金女王で、開催コースは違えど、前回大会優勝者の責任は感じている。そして、同コースで開催された19年7月のセンチュリー21でツアー初優勝を飾った縁もある。

「あの時は今よりもショットがついていましたが、今は一つ一つ結果を残して、自信をつけていきたいです。あまり、難しく考えすぎないようにしたいです」

 9日の第2日は鈴木愛、渡邉彩香と同組で午前9時10分にスタート。悩みを払拭するべく、目前の一打に集中する。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集