[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワイルダーが披露した過去最重108kgボディに米記者驚き「明らかに筋肉つけてきた」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは9日(日本時間10日)、現王者のタイソン・フューリー(英国)と前王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)が米ラスベガスで戦う。ボクシングファンが注目するビッグマッチに先立ち、8日(同9日)は前日計量を実施。決着の第3戦でベルト奪回を狙うワイルダーは238ポンド(約108.1キロ)となり、過去最重量に。その肉体に驚きの声が上がっている。

計量で驚異的肉体を披露したデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】
計量で驚異的肉体を披露したデオンテイ・ワイルダー【写真:AP】

フューリーとの第3戦、前日計量で238ポンドを記録

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは9日(日本時間10日)、現王者のタイソン・フューリー(英国)と前王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)が米ラスベガスで戦う。ボクシングファンが注目するビッグマッチに先立ち、8日(同9日)は前日計量を実施。決着の第3戦でベルト奪回を狙うワイルダーは238ポンド(約108.1キロ)となり、過去最重量に。その肉体に驚きの声が上がっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 反骨の“爆撃機”が驚異の肉体を披露した。ワイルダーはシャツを脱ぎ、計量台に立った。力こぶを誇示するようにポーズを取った上半身は筋骨隆々。いつも以上の迫力を感じさせたが、それもそのはず。過去最重量の238ポンドだった。

 計量を取材した米スポーツ専門局「ESPN」のマイク・コッピンガー記者は、自身のツイッターで実際の様子を写真付きでレポート。「タイソン・フューリーが277ポンド(約125.8キロ)、デオンテイ・ワイルダーが238ポンド。両者ともにキャリアハイの体重だ。ワイルダーは明らかにたくさんの筋肉を付けていて、物凄い見た目だ。フューリーはシャツ、帽子、マスクを付けての計量だった」と驚きを記した。

 この投稿に対し、ファンからも「ワイルダーの4回KO勝ちだ」「フューリーがワイルダーを倒すね」「ワイルダーはボディビルダーみたいな腹してるな」「ワイルダーはいつもよりデカいし強そうだ」「ワイルダー驚異的だ」「ワイルダー、キレキレだね」との声が上がった。一方で「筋肉のせいですぐ体力無くなるかも」と心配する声もあった。

 昨年2月の2度目の対決でフューリーがグラブに細工をしていたという主張を繰り返してきたワイルダー。6日(同7日)の記者会見はフューリーと舌戦を繰り広げ、フェイスオフが中止になっていた。1分1敗で迎える第3戦。44戦42勝41KOという圧倒的な破壊力を見せてきた35歳は、過去最重量の“鎧”をまとい、フューリーを沈めることができるか。決戦のゴングはまもなくだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集